電話での質問・ご相談 0120-834-414 午前9時30分~午後5時30分(土日、祝日は受け付けておりません)

教室スタッフの時よりも少し忙しくなりますが、
子どもたちの成長を保護者と喜び合えることがやりがいです

写真

牲川直子先生
(開設11年目)

プロフィール

前職:高校の英語教師を出産を機に退職。その後、教室スタッフを経て先生に。
子どもに接する仕事がしたいと思っていたときに、スタッフ募集のチラシを見つけて教室スタッフに。その教室の先生が楽しそうに教室をされている姿を見て、自分も先生になることを決意。2002年8月に開設。

教室の準備や研修などが必要なこともあり、やはり教室スタッフよりも少し忙しくなりますが、家族やKUMONのスタッフの協力を得て、乗りこえてきました。

先生になったことで、子どもたちの成長を保護者の方と共有でき喜び合えることが、大きなやりがいになっています。

教室スタッフから先生になろうと思ったきっかけ・理由は何ですか?

教室スタッフとして勤めていた教室の先生が楽しそうに仕事をされていたからです。

教室の先生がイキイキと楽しそうに仕事をしている姿を見て、「あこがれ」を感じ、自分も先生になってみたいと思ったのがきっかけです。

特に教室スタッフをしていた教室の先生の「自分の居場所が家以外にもできるよ。子どもが巣立った時に、自分には『これがある』というものが欲しくて先生を始めた」という言葉をきっかけに、自分自身も子育てが終わったときに社会との接点・社会貢献について改めて考えたときに、くもんの先生になりたいなと思いました。

教室スタッフから先生になって大変だったことは何ですか?

最初は教室作りをどうすればいいか、本当に生徒が集まるかどうかが不安でした。

開設した当初は教室作りや運営面で迷うことやわからないことが多く、また生徒も本当に増えていくのかどうか不安でした。

KUMONの担当スタッフに相談したところ、教室作り(レイアウト・備品準備など)のアドバイスから、指導面のアドバイス、今後の採算のとり方・生徒募集に関するアドバイスをしてくれました。実際にハンディングやポスティングも手伝ってくれてとても助かりました。またPR費援助もあり、とてもありがたかったです。

その結果、徐々に生徒が増えてきて、今ではたくさんの生徒に通っていただき、忙しい毎日を過ごしています。

また開設当初は母親をしている時間以外はずっとKUMONのことをしていて、気持ちや時間の切り替えが上手にできませんでした。ですが開設当初にエネルギーをかけてがんばったことが、今の教室につながっていると思うので、結果としてよかったなと思います。

教室スタッフから先生になってよかったことは何ですか?

子どもたちの成長を保護者と喜び合えること、また、相談し合える仲間がたくさんできたことです。

やはり、子どもたちや保護者と関わるのは先生が中心。

日々の教室での関わりの中で、子どもたちの心が成長していく瞬間に出会えることも喜びのひとつですが、一人ひとりの子どもに長く関わることで、大きく振り返ったときに、その子の心が大きく成長し、強くなったことを保護者の方と喜び合えることが、自分自身の大きな喜びであり、やりがいになっています。

また、教室での悩みから自分の子育てに関することまで何でも相談し合える仲間ができました。

自主的に学び合う勉強会や地区の先生が集まる会合などで出会った先輩の先生からも多くのプラスのメッセージをいただき、大事なことを教えていただいています。

今、先生になるかどうか悩んでいる方に伝えたいことはありますか?

悩んでいるということは、興味があるということだと思います。
そこで止まらず、一度、説明会で先輩の話を聞いてみてから考えるのも良いかもしれません。

私もそうでしたが、おそらく、先生になったときの大変さや不安がよく見えず、悩んでいるのではないでしょうか。

一度、説明会でお話を聞いてみられることをオススメします。

話を聞いて、合わなければ、面接やテストを受けなくてもよいと思うので、一度説明会に行ってみてはどうでしょうか。

体験インタビュー

  • 毛利先生
  • 新免先生

くもんの先生に興味がある方はお気軽にご参加ください。

説明会に行くのはまだ・・・という方ご希望の地域の説明会情報をお届けします! (年に数回程度配信)

電話での質問・ご相談 0120-834-414 午前9時30分~午後5時30分(土日、祝日は受け付けておりません)

くもんの先生募集

© 2019 Kumon Institute of Education Co., Ltd. All Rights Reserved.