電話での質問・ご相談 0120-834-414 午前9時30分~午後5時30分(土日、祝日は受け付けておりません)

一人ひとりの子どもについて深く考えるようになり、
生徒が成長している実感が強くなりました

写真

毛利昌美先生
(開設8年目)

プロフィール

前職:小学校の先生、教室スタッフを経て先生に。
小学校の先生として5年勤め、結婚を機に専業主婦へ。くもんの教室スタッフの経験も。2005年2月に教室を開設。

教室スタッフの頃と違い、先生の仕事は、一人ひとりの子どもの成長を深く見守ることができます。教室を卒業しても訪ねてきてくれる生徒もいて、先生になったからこそつながっていける関係はとてもうれしいです。

開設当初は自分が指導できるのか不安でしたが、仲間の先生方にアドバイスをもらったり、担当スタッフの方がサポートをしてくれたので、乗り切ることができました。

教室スタッフから先生になろうと思ったきっかけ・理由は何ですか?

教室スタッフも楽しいけれど、先生ってどうなんだろうと思ったからです。

教室スタッフをやっていた頃、がんばっている子どもたちを見ていて、「自分でも指導してみたい!」と思ったことがきっかけです。

教室スタッフとして働き出した当初から、先生に「あなたもいずれは先生になってみない?」と、声をかけていただいていたということもあって、何となく意識はしていました。そして、実際に子どもたちと接しているうちに、「自分が指導をしたら、子どもってどれくらい伸びるのだろう?」と思い、先生になることを決めました。

教室スタッフから先生になって大変だったことは何ですか?

教室スタッフとの役割分担ができるまでが大変でした。

開設当初は、一人で仕事を抱え込んでしまったということもあり、新しい教室スタッフを雇ったものの、採点の仕方や教室の流れ・きまりなどを教室スタッフ全員と共有する時間がとれず、苦労しました。

でも、近くの先生に相談して、少しずつ教室スタッフに仕事を任せて、役割分担ができてくると、時間を上手に使えるようになってきました。

自分が教室スタッフ時代に感じたことを思い出しながら、教室スタッフには仕事内容を具体的に伝えています。また、それぞれの教室スタッフの強みを生かして「自分の教室」のようにやりがいを感じてもらえる環境にするために、仕事の配分も工夫をしています。

教室スタッフから先生になってよかったことは何ですか?

子どもたちの可能性や仲間との出会い、定年がなくずっと働ける「自分の居場所」ができたことです。

たくさんの子どもたちの可能性に出会えることはスタッフ時代にも感じていました。でも、先生になり、生徒一人ひとりに対してつながりが強くなり、また、考えが深くなりました。教室を卒業しても時々訪ねてきてくれる生徒もいて、先生になったからこそつながっていける関係ができたこともとてもうれしいです。

また、開設当初は、前任の先生から生徒に関する情報など、たくさんのことを教えていただき、その後も色んな先生に何かあればすぐに相談に乗っていただきました。KUMONには同じ志をもった仲間がたくさんいます。仕事のみならず、一人の女性として素敵な先生との出会いもたくさんあります。

くもんの先生は定年もなく、ずっと働けるのも魅力です。先生になり、子どもたちの可能性やスタッフ・先生仲間との出会いのおかげで毎日が充実しています。「自分の居場所」ができたことも、くもんの先生になってよかったと思える魅力の一つです。

今、先生になるかどうか悩んでいる方に伝えたいことはありますか?

教室スタッフ時代には感じることのできなかったやりがいがたくさんあります。

教室スタッフ時代は目の前のプリントを解く子どもたちにヒントを与えたり、声をかけて喜ぶ姿を見てやりがいを感じていました。くもんの先生になった今、教室スタッフの時に味わうことができなかった子どもたちの可能性を伸ばせる喜びを強く実感しています。

教室スタッフをご経験されている方は、ぜひ一度、説明会でお話を聞いてみられることをオススメします。

体験インタビュー

  • 新免先生
  • 牲川先生

くもんの先生に興味がある方はお気軽にご参加ください。

説明会に行くのはまだ・・・という方ご希望の地域の説明会情報をお届けします! (年に数回程度配信)

電話での質問・ご相談 0120-834-414 午前9時30分~午後5時30分(土日、祝日は受け付けておりません)

くもんの先生募集

© 2019 Kumon Institute of Education Co., Ltd. All Rights Reserved.