スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生  前編

家庭や地域でも学びをうながし
子ども自身の力発揮させよう

宮下 孝広 (みやした たかひろ)
1956年富山県新湊市(現・射水市)生まれ。富山県立高岡高等学校、東京大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。東京大学教育学部助手を経て現在白百合女子大学人間総合学部教授。専門は教育心理学および教育方法学。「日本子ども学会」常任理事。小学校での授業研究の傍ら、PTA活動・地域活動にも参加。著書に『新版発達心理学への招待―人間発達をひも解く30の扉』(共著、ミネルヴァ書房)、『教育の方法と技術第2版』(共著、学文社)などがある。

人から人へ、知識や技能はどのように伝わっていくのか。それを教育学の核心として捉え、子どもたちへの教え方を探求している宮下孝広先生。教員一家に育ち、子どものころから「教育に関わる仕事」をすることが夢だったそうです。その夢をかなえて、現場重視の研究を重ねられています。研究をふまえ、今の時代の教育や学びのあり方、大人ができることなどについてうかがいました。

教育とは次の世代に文化的な資産を伝えていく営み

私の専門のひとつは「教育方法学」です。小学校で授業を見せていただき、先生方と教材研究や授業研究などを通じて、「子どもたちにどうやって教えるのがよいのか?」を深く掘り下げていく学問です。私が学んだ大学の教育学部には著名な心理学者の方々が教授陣に揃い、発達心理学的なアプローチで教育学を研究していたため、私も教育と発達の両方の領域に関わるようになりました。

私は、教育とは世の中にあるさまざまな知識や理論、技能などの文化的な資産を次の世代に伝えていく営みだと考えています。それらの文化が人から人へ、学校でいえば、教師から子どもたちへどうやって受け継がれていくのか、あるいは受け継いでいくこと自体がどうやったら可能になるのか、といったことを考えるのが教育方法学です。

たとえば人は「りんご」ということばを介して、「ああ、りんごね」とりんごを思い浮かべます。人によって経験上知っている「りんご」は異なるはずですが、ことばを通じてちゃんと伝わります。ほんの一握りのことばや体験を通じて、人と人との間で豊かなものが伝えられていくのはなぜだろうと、小学生の頃から不思議に感じていました。高校生くらいになると、教育に引き寄せて考えるようになり、「媒介になるものの制約があるにも関わらず、文化はどうやって伝えられていくのか」ということが教育学の核心的な問いだと気づき、その問いに対して研究を続けています。

一方で、私は「日本子ども学会」の常任理事も務めています。子ども時代のさまざまな問題について学際的に考察することが目的で、たとえば「子どもとメディア」というテーマでは、医学、心理学、工学などの研究者のほか、作り手であるメディア関係者も参加して議論します。さまざまな立場の人が集まって、子どもの教育のあり方をデザインする「チャイルド・ケアリング・デザイン」に取り組んでいますが、こうした活動は学会としては珍しいと思います。

宮下先生が今関心を寄せる研究テーマとは?

関連記事

2017/12/26更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

バックナンバー

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.242
公文式教材制作の裏側!
「もっといいものはいつもある」 子どもたちに学力と自学自習力をつけるために ~算数・数学教材編~
Vol.241
時代を超えて学び方のヒントを探る
「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」
Vol.240
「くもんの幼児ドリル」誕生から40年
累計9700万部突破!! 「くもんの幼児ドリル」1977年の発売以来 子どもたちの学ぶ楽しさ、できる喜びを応援
Vol.239
創造力を育む玩具をクリスマスプレゼントに!
くもん出版の玩具開発の秘訣とは…? ~『NEWくみくみスロープたっぷり100』 発売に寄せて~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.050 後編
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
Vol.050 前編
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
Vol.049
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.048
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。