スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/11/02更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生  後編

英語は人生を変える手段にもなる
「英語を」学ぶのではなく
「英語で」学ぼう

高橋 美由紀 (たかはし みゆき)
岐阜県生まれ。三菱商事(株)で棉花輸入業務を担当。結婚退職後、英会話専門学校や岐阜県内の中学校、短大、大学等で教鞭をとりながら、京都大学にて「シンガポール華人社会における児童とその母親に見る言語環境の動態の研究」で博士号を取得(地域研究)。文部省大学入試センター研究開発部客員研究員、文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター客員助教授、シンガポール国立大学にて客員研究員、兵庫教育大学大学院で助教授などを経て、2007年度より愛知教育大学教育学部外国語教育講座・大学院教育学研究科英語教育専攻教授、2017年度より同大大学院教育実践研究科教授。現在は外国語教育メディア学会副会長・中部支部支部長も務める。全国の小中学校外国語活動の調査、研究を行い、「小学校英語活動地域サポート事業」、「初等教育段階における英語教育のための教師研修会」などを数多く実施し、理論に基づいた実践的な指導法を紹介している。

日本人の英語を「使える」ものにしようと、文部科学省では2020年に向けて英語教育改革を進めています。そこで、小・中学校における英語教育の現状と課題について、調査・研究を続けているのが、愛知教育大学大学院教授の高橋美由紀先生です。諸外国との比較もしながら指導法を紹介し、英語初級者の英語力を図るTOEFL Primary(R)の開発会議にも参加されている高橋先生ですが、実は「英語は好きな科目ではなかった」とか。ご自身の体験を踏まえ、英語の魅力、英語教育の今とこれからについてうかがいました。

「英語」ではなく「外国」に興味
商社、英会話学校を経て公立中学の教員に

私は今でこそ義務教育における英語指導法などを教えていますが、身近に沢山教員がいてその仕事の大変さを間近に見ていることから教員を仕事にしようとは思っていませんでした。しかし、「教えること」は好きでした。転機は、受験に失敗して入学した高校を辞めたくて相談した担任の先生から、海外の高等学校で学ぶこと(日本私立中学高等学校連合会主催)を勧められ、高校1年生の時にアメリカを訪れたことです。その時に、留学経験者である家庭教師の先生からは「英語の語学上達」よりも「英語を学ぶことで世界が広くなる」ことを教えていただきました。また、幼少の頃からのお稽古事であるバレエやピアノ、声楽等が「小学校英語」でも活かせた点も大きいです。

でも、実は英語は特に好きではなかったのです。ただ、「外国」には興味がありました。そのきっかけは読書とお稽古事です。私は子どもの頃から読書が大好きで、外国文学の本で知った西洋文化や「レディファースト」や「男女平等」といった考え方がとても気に入っていていました。また、幼少の時からのお稽古事や、両親が絵画(洋画)等の西洋芸術が大好きだったこともあり、西洋文化に触れる機会は多かったと思います。

当時暮らしていた地域では、外国に行く高校生は珍しく、帰国後、頼まれて中学生に英語を教えたりしていました。学生時代のアルバイトは、小中学生に英語を教えることでした。その時、「入門期が肝心」だと実感しました。当時使ったテキストはすべてとってあります。今でも十分使えるんですよ。

就職にあたっては、英語力が活かせるかもと総合商社を受けました。最終面接で落ちるかな、と思っていたのですが、面接官にフランス語で「フランス語を話せますか」と聞かれ、フランス語で「Je ne peux pas parler francais.(私はフランス語を話せません)」と返しました。すると「話せるじゃないですか」と。それが合格につながったのかはわかりませんが、その時、「あ、外国語ってこういうときに役立つんだな」と思いました。実は、このフランス語はKatherine Mansfield(キャサリン・マンスフィールド)の『私はフランス語が話せない』の作品のタイトルなんです。

入社後は繊維部で綿花の輸入業務を担当し、英文の書類を扱うように。この時は「英語を使えるようにしておいてよかったな」と思いましたね。結婚を機に退職し、学生時代にやっていた英会話学校でのアルバイトを再開しました。英語の教員免許をもっていたこともあり、「子ども英語を教える先生にその指導」もしていました。そのうち、恩師から声がかかり、公立中学の英語教師に。その間にスキルアップしたいと思うようになり、大学院へ進むことにしました。

高橋先生が英語教育研究に熱中するようになったきっかけとは?

関連記事

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/01/27更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2015/04/24更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる学びをめざそう

2015/04/17更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる 学びをめざそう

バックナンバー

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.235
浮世絵にみる文明開化の子どもたち
浮世絵を通して時代を感じ 日本の文化を再発見
Vol.234
女子サッカーリーグで活躍する公文式OGたち
サッカーと公文式の共通点とは?
Vol.233
公文式ドイツ語の学習者
ドイツ語への好奇心が 私の世界を広げてくれた
Vol.232
日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート
日本語力の向上が競技人生を支える
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.049 後編
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.049 前編
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.048
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  
Vol.047
女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん
夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。