スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/12/22更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん  後編

「1.6秒」の演技に
積み重ねた鍛錬のすべて凝縮
最高瞬間を迎えたいからを尽くす

寺内 健 (てらうち けん)
兵庫県出身。生後半年から水泳を始め、小学5年生のときに競泳から飛込に転向、以後通算5大会でのオリンピック出場を果たす。五輪での最高位はシドニーでの高飛び込み5位。2001年の世界選手権では、3m飛び板飛び込みで日本人初となる銅メダルを獲得。現在ミキハウスに所属し、東京五輪で通算6度目のオリンピック出場を目指す。

16歳で初出場したアトランタ五輪に始まり、シドニー、アテネ、引退を決意した北京を経て、サラリーマン生活を挟んだのちに現役復帰を果たし、5度目となるリオデジャネイロ五輪に出場。長きにわたり日本の飛込競技のエースとしてけん引し続けてきた寺内健さんは今、「飛込道の集大成」として2020年の東京五輪を目指しています。厳しい競技の道を選びながら、なお前に進むことをやめない寺内さんに、あきらめないで積み重ねる力の秘訣を伺いました。

自分を救ってくれた、野村忠宏さんの言葉

初出場のアトランタ五輪のときは、完全に浮かれてしまった記憶があります。同五輪で結成された、アメリカのバスケットボールのドリームチームを見た時なんかは、この上なく興奮してしまいました。選手村はマクドナルドもゲームセンターもタダでしたし、当時16歳の少年でしかなかった僕にとってはまさに夢の国でした。

その時ふわふわしていたぶん、今度はきちんと試合を突き詰めたいとのぞんだのがシドニーです。シドニーでは高飛び込みが5位入賞で、それが僕のオリンピックでの最高成績になっていますが、その前の世界選手権ではすでに5位を経験していました。ですからそれくらい上位に自分は入れると思ったオリンピックだったので、「(メダル圏内まで)あと15点、イケるでしょ?」って、初めて「メダル」を意識しました。

その15点を考えながら挑んだのが、次のアテネでした。それと同時に、メダルを意識してオリンピックで最高のパフォーマンスをするのがこんなに難しいことなのか……を痛感したオリンピックでした。決勝の日、今までの練習、コーチに怒られたこと、すべてが走馬灯のように思い出されて、頭が真っ白になって倒れそうになったんですよ。僕の試合前に競泳の(北島)康介が初の金メダルを獲って、アイツの偉大さを本当に感じました。

2008年の北京五輪のときは、引退を決めることで自分を奮い立たせて、最後のパワーを振り絞ろうとしていたのかもしれません。だけどメダルのために挑んだ大技が失敗してしまって、結局メダルには届かなかった……。

参加した大会が多ければ多いほど、メダルがないことの苦痛が自分の中にありました。それを払しょくしてくれたのが柔道の野村忠宏先輩のこんな言葉でした。「オリンピック5大会、それほどの長い間をトップでやり続ける精神力は本当にすごいと思う」。自分が抱えていた「痛み」が解消された気がしました。

今回のリオ五輪で、予選で負けてしまった僕をミックスゾーン(取材エリア)で待っていてくれたのが、本来は決勝のみ応援にくるはずだった康介と野村先輩でした。初めて飛込をやり続けてきた中で泣きそうになりました。この競技をやってきて良かったな……と。

寺内さんのこれからの夢とは?

関連記事

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

2017/05/19更新

Vol.043 海洋冒険家
白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

バックナンバー

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.286
試行錯誤をくり返しながらパズルで楽しく遊ぶ
楽しく論理的思考力を養える 『ロジカルルートパズル』
Vol.285
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん
ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄
Vol.284
ポーランド共和国に公文式教室開設
ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~
Vol.283
学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま
「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.059 後編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.059 前編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。