OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/06/13更新

Vol.010 化学者 北野政明さん  後編

にぶち当たったときは
自分が変わるチャンス
その経験が、また自分のになる

北野政明 (きたの まさあき)
1979年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業、同大工学研究科応用化学分野博士課程修了。2013年より東京工業大学元素戦略研究センター准教授に。

若くして東京工業大学の准教授となり、国家プロジェクト「元素戦略プロジェクト」の拠点の1つである同大・元素戦略研究センターで活躍する北野政明さん。意外にも高校では理系科目が苦手だったとのこと。研究者を志す原点や研究に注ぐ思いをうかがいました。

英語は特に苦手で、ローマ字で名前を書くことすらできなかった中1のころ

小さいころは「昆虫博士になるぞ」と思っていたのですが、中学生になっても全然勉強しなかったんです。毎日虫を捕るか、友だちとスポーツしたり遊んでばかり。そもそも勉強の仕方がわかっていなかったと思います。全教科の成績がよくなかったのですが、英語は本当にひどかった。今でも中学1年、初めての英語の定期試験を鮮明に覚えています。「ローマ字で自分の名前を書きなさい」という問題ができなかったんです……。さすがに三者面談で、先生に「そんなのはお前くらいだ」と言われました。両親はいつも僕の意志を尊重してくれ、「勉強しろ」とは言いませんでしたが、さすがにこのときは母も必死になって、なんとかしなくてはと塾を探したようです。

そうしていろいろ調べた結果、たぶん「この子はふつうの塾ではついていけない」と思ったようで、公文の教室に通うことになります。でも、低学年の小学生がスラスラ英語の教材を解いている横で、体のでかい中学生の僕が、ローマ字の練習から始めたんですね。めちゃくちゃ恥ずかしかったですよ。毎日、山のような宿題が出て、それを必死でやりました。同じ学年の子に「そんなことやってんの?」とからかわれたときは、何も答えず、心のなかで「絶対に見返してやる」と思いましたね(笑)。負けず嫌いな性格は父親ゆずりのようです。

公文の学習で、自分の理解に合わせて勉強を進められたことで、勉強の仕方がわかったと感じました。自分で時間を作って、自宅で勉強する習慣もできました。英語はもちろん、公文で学習していない教科の成績も良くなり、やがて全教科が好きになった結果、高校は進学校に進むことができました。

ところが、高校の授業は情報量とスピードがすごくて、勉強が急にきつくなりました。僕は、理解するペースは速くないタイプなので、理系科目はすべてイヤになって、大学は文系に行こうと考えるようになっていました。でも、高校3年になって真剣に将来を考え、自分で大学のことを調べるようになって、漠然とですが、理系のほうがおもしろそうだな、環境問題の解決に関わるような仕事をしたいな、と思うようになったんです。

小さなころから夏休みは、山に囲まれた両親の実家で、虫を捕ったり、魚を釣ったり、自然のなかで遊ぶのが大好きでした。それを守りたいという思いが、おぼろげながらあったのでしょうね。それで理系に進路を決め、真剣に勉強するようになったんです。

北野さんが「苦労した人が好き」な理由とは?

関連記事

2014/06/06更新

Vol.010 化学者 北野政明さん

壁にぶち当たったときは自分が変わるチャンスその経験が、また自分の力になる

2014/09/19更新

Vol.013 年間ハイライト

迷い、壁、あきらめない挑戦、そして夢の実現

バックナンバー

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.269
仲間たちとともに60周年
「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展
Vol.268
学習療法の起こり
身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ
Vol.267
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん
ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?
Vol.266
千葉県白井市で楽しく認知症予防
市民主体だからこそ生まれる効果
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。