KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2017/10/31更新

Vol.233 公文式ドイツ語の学習者  

ドイツ語への好奇心
私の世界を広げてくれた

公文式フランス語・ドイツ語は、幼児、小中高校生から社会人まで幅広い年齢層の方々が学習しています。一人ひとりの「ちょうど」に合わせる個人別の公文式だからこそ、年齢に関係なくどなたでも学んでいただくことができます。今回は、公文式ドイツ語教材を学習したことで、より豊かで充実した国際交流を楽しまれている、一人の学習者をご紹介します。

きっかけは国際交流活動


指導者の鈴木先生と

茨城県守谷市にお住まいの浅川恭子さんは、市民活動支援センターで地域活動の仕事をしながら、長年にわたって国際交流事業に携わっています。というのも、守谷市は市内にある企業が取り持つ縁で、ドイツ連邦共和国バイエルン州マインブルク市およびアメリカ合衆国コロラド州グリーリー市と姉妹都市提携を結んでおり、25年以上にわたって市民主体の交流を活発に行っているからです。

青少年相互交流で来日したドイツの子どもたちをホームステイで預かったり、交流団の一員として現地を訪問したりといった経験を重ねるうちに、「ドイツ語で話せたらもっと楽しいはず」との思いが募り、「自分に向いているのは、通信教育やインターネットよりも人との関わりの中で学ぶ方が楽しいし、続けられそう」という理由で、歩いて通える距離にあった公文式御所ヶ丘教室(鈴木洋子先生)に入会されました。「公文のプリントは定着と楽しみを両立しながら自分のペースで学習できるのがいいところ」と感じながら現在まで、約5年間学習を継続されています。

「アメリカばかり向いていた」

公文のドイツ語を始めるまで、浅川さんは得意の英語を駆使して国際交流の活動をされていました。結果的に、旅行に行ったり関心を持ったりするのは英語圏の国々。中でもアメリカが大好きで、ドイツをはじめ欧州にはほとんど関心がなかったそうです。そんな浅川さんがドイツ語の学習を始めてから感じたのは、「これまでアメリカを中心にした世界しか知らなかったんだ」ということ。教材が進むにつれて、ドイツ語だけでなくドイツの国自体への好奇心もどんどん膨らみ、教材に作品が掲載されているアンネ・フランクやエンデ、ゲーテの記念館を実際に訪ねたこともあるそうです。その他にも演劇、映画など、ドイツへの関心は今でも広がるばかりです。

好奇心を持ってあきらめなければ世界は広がる


ホームステイ中の留学生と浅草にて

守谷市は筑波大学から近いこともあり、いろいろな国の留学生との交流が活発で、浅川さんがホームステイで受け入れた外国人は、姉妹都市のあるドイツやアメリカだけでなく、エストニアやラオスなどからも含めて、これまでなんと70人余り。今や彼らは世界中で活躍しており、日本から訪ねて彼らと旧交を温めるのが楽しくて仕方ないとのこと。

浅川さんの今の目標は、公文式ドイツ語の最終教材を修了すること。そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックで、人とのつながりやドイツ語を活かして、ボランティアとして貢献することだそうです。

最後に、まだまだ夢が広がる浅川さんからのメッセージをご紹介いたします。

「子どもたちには好奇心を持っていろんなことにぜひチャレンジして欲しいですね。そしてあきらめずに継続することを勧めたいです。そうすることで多くの人との出会いがあり、人の輪が広がり、自分の世界も自然と広がって、充実した人生を楽しめることにつながっていくと思います。」

 

関連リンク
公文式ドイツ語
フランス語・ドイツ語もKUMON!|KUMON now!トピックス

関連記事

学習者・OBOG  2018/10/23更新

Vol.278 公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者― 安孫子 保さん

外国語へのあくなき探究心と 先生からのはげましが 仏独2教科修了への原動力に

KUMONグループの活動  2014/04/01更新

Vol.030 KUMONの事業全体像

0歳から100歳までの公文式KUMONが提供する学びの場・機会は、近年ますます広がってきています。

学習者・OBOG  2016/12/20更新

Vol.187 公文式フランス語・ドイツ語が誕生して30年

パティシエになる夢を叶えて ~公文式フランス語学習者の声~

KUMONグループの活動  2017/06/06更新

Vol.212 英語で視野を広げよう!

世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-

KUMONグループの活動  2017/09/05更新

Vol.224 ケニアの公文式教室

自分自身の未来のために、 そして国の未来のために、 いきいきと学ぶ子どもたち

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/12/18更新

Vol.287 Baby Kumonが目指すもの

親子にちょうどよい 豊かな子育てを目指して

KUMONグループの活動  2018/12/14更新

Vol.286 試行錯誤をくり返しながらパズルで楽しく遊ぶ

楽しく論理的思考力を養える 『ロジカルルートパズル』

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

KUMONグループの活動  2018/12/03更新

Vol.284 ポーランド共和国に公文式教室開設

ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~

KUMONグループの活動  2018/11/27更新

Vol.283 学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま

「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.059 後編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.059 前編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。