KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/08/02更新

Vol.167 公文式教室の舞台裏-新任指導者のサポート編  

あの教室に行きたい」
先生に会いたい」
そんな教室を先生とともに作り上げる

全国の公文式教室には、その教室の運営や指導をサポートする社員がいます。特に教室開設から2年間という時期に特化して新任指導者をサポートするのが「育成職」です。公文式教室の先生になる方々はどんな想いでこの仕事を選び、どのようにそのスタートを歩んでいるのか。育成職の西條智幸に聞きました。

先生の可能性を最大限に伸ばし、教室の土台をつくる「育成職」という仕事


東京本部 育成チーム
西條智幸

まず、私たち「育成職」の役割についてお話しします。「育成職」は、新しく公文式教室を開くことが決まった方の、「研修」から「教室の開設」、そしてその後の「教室における生徒指導・運営のサポート」を約2年にわたり担当します。公文の先生になることを志望する方々は、「教育を通じて地域や社会に貢献したい」、「子育てと両立しながら仕事がしたい」、「ライフワークとして長く子どもの成長に関わることができる仕事がしたい」など、さまざまな想いをもって公文の先生としての仕事を選択してくださいます。

私たち育成職は、そういった先生のライフスタイル、バックグラウンドを理解した上で信頼関係をしっかりと築き、公文式学習を通して子どもたちの可能性を伸ばす仕事に喜びややりがいを感じていただけるようサポートしています。そして、教室が開設された地域の方々から「公文の教室に行きたい」「○○先生に会いたい」と思っていただけるような教室の土台作りをお手伝いしています。

 

指導の現場を経験したからこそわかる先生の気持ち

私は2006年に公文に入社しました。そして配属先で、研修の一環として半年間、実際に自分自身が指導者として教室を運営しました。無我夢中の日々でしたが、この時「自分の関わりにより生徒が変化・成長するやりがい」を知ることができました。その後は、公文式教室の先生方のサポート業務を担当。そして入社から5年目、会社が運営する直営教室を受け持つことになりました。ここでの教室経験が、いま「育成職」として働く自分にとって大きな財産となっています。

-「教材準備」の大切さ -

私が公文式教室の指導者として一番力を入れて取り組んだのは「教材準備」です。公文式学習法の特長として、「個人別学習」「自学自習」「学年を越えて進む」があり、それを実現するためにスモールステップで構成された「教材」があります。教室では、先生が一人ひとりの“ちょうど”を見極めて、教材を準備します。その“ちょうど”の教材に取り組むことで、子どもたちは「少しがんばれば自分の力で解ける」問題をくり返し学習し、やがて学年を越えた内容を学習できるようになっていくのです。

このように、“ちょうど”を見極めて教材を準備するためには、子どもたちの日々の状態をしっかりと把握していなければなりませんし、教材の知識も必要です。入社後、教室経験が浅かった頃は、実際に現場で教室を運営頂いている先生方や先輩社員にアドバイスをいただきながら、教室運営をしていましたが、“ちょうど”の見極めの甘さが原因で、生徒がその日の教材で達成感を感じることができないまま帰らせてしまったこともあります。

公文式の創始者である公文公(くもん とおる)の言葉の一つに、「悪いのは子どもではない」というものがあります。この言葉が幾度となく頭をよぎりました。それでも生徒さんは週2回必ず通ってきてくれますので、先生である私には待ったなし。子どもたちに損をさせず、より伸ばしていくために、私自身もどんどん指導力を磨き、前進していく必要がありました。
  
-チームで教室を運営することの大切さ-

教室を引き継いで半年がたち、生徒数も増えてきたころ、自分一人で教室運営の何もかもを抱え込んでいては、子どもたちのための指導力向上や教室運営ができないという現実に直面しました。そして、一人ひとりの子どもたちの学習計画、教材の準備や採点、学習の記録、保護者の対応など、教室におけるさまざまな仕事の優先順位をつける必要があると感じました。そこで「指導者にしかできないこと」と「スタッフに任せていくこと」を明確にし、指導者とスタッフがひとつのチームとなって一緒に子どもたちを伸ばす体制を作り、以前よりもスタッフとのコミュニケーションと連携を図るようにしました。教室で起こる生徒の変化や成長をスタッフとともに喜び、わかち合うことで、複数の目で生徒を見守る体制ができ、スタッフもそれまで以上にやりがいをもってくれるようになりました。

このときの直営教室経験では、公文の先生という仕事のやりがいと素晴らしさはもちろんのこと、より近い目線で先生の気持ちを理解することができたと思っています。2013年からは「育成職」を担当することになりましたが、教室で得た実体験を糧とし、先生の良き理解者であり、パートナーであることを目指して日々仕事をしています。

「育成職」として心がけていること、そしてやりがいとは?

関連記事

KUMONグループの活動  2017/02/07更新

Vol.193 公文式教室の舞台裏-教室のコンサルティング編

先生と一緒に導く 子どもたちの「自学自習」の力~地域に根ざした教室へ~

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

KUMONグループの活動  2014/04/08更新

Vol.031 ジグソーパズル

くもんのジグソーパズルの楽しみ方 プリント教材と同じ”ちょうど”という考え方が活きてきます

2014/06/27更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

KUMONグループの活動  2016/05/17更新

Vol.151 公文式英語教材のヒミツ

「子どもから学ぶ」教材づくり ~英語教材編~

バックナンバー

調査・研究・アンケート  2017/09/26更新

Vol.228 「手紙に関する意識調査」結果発表!

公文書写学習者は、 「親しい方や、離れて暮らすご家族、 お世話になった方に 手書きで手紙を送りたい」

KUMONグループの活動  2017/09/22更新

Vol.227 KUMON 未来フォーラム

自分の可能性を信じ 夢に向かって学び続けよう

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社 上山美那さん

2017/09/12更新

Vol.225 English Immersion Camp 2017

世界規模で物事を考えよう ~「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2017」開催~

KUMONグループの活動  2017/09/05更新

Vol.224 ケニアの公文式教室

自分自身の未来のために、 そして国の未来のために、 いきいきと学ぶ子どもたち

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.047 後編
女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん
夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう
Vol.047 前編
女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん
夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう
Vol.046
盆栽芸術家 秋山実さん
素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる
Vol.045
国連UNHCR協会 島田祐子さん
どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.044 後編
絵本作家・童話作家 正岡慧子さん
心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切
Vol.044 前編
絵本作家・童話作家 正岡慧子さん
心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切
Vol.043
海洋冒険家 白石康次郎さん
自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう
Vol.042
社会的投資研究者 伊藤健先生
「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。