スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/12/25更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生  後編

間違いや失敗を恐れずに
好奇心疑問をもって
心から「好き!」なことを見つけ
よう

 

小山ブリジット (こやま ぶりじっと-Brigitte Koyama-Richard)
パリ生まれ。パリ大学大学院で比較文学博士号を取得。早稲田大学大学院で日露比較文学を学んだのち、複数の大学での非常勤講師を経て、現在は武蔵大学人文学部教授。専門は比較文学、美術(ジャポニスム)。著書に、『夢みた日本 エドモン・ド・ゴンクールと林忠正』(平凡社)など。

芸術の都パリに生まれ、日本には40年近くお住まいの小山ブリジッド先生。大学で教鞭をとる一方で、浮世絵を中心に日本の文学や美術、文化をヨーロッパに紹介されています。「まだまだやりたいことがたくさんある」と、好奇心あふれる小山先生。沸き起こる意欲の源にあるものや浮世絵に関心をもったきっかけ、フランスと日本の教育の違いなどについてうかがいました。

“花まる”を与えてほめる日本
“完璧はない”と考えさせるフランス

武蔵大学では約30年教えています。その間に長女も生まれ、二人の子を日本で育てることになりました。わたしはフランス人なので、子どもに対しては日本語では話しかけませんでした。バイリンガルに育てようと、読み聞かせもフランス語の絵本でやっていました。日本の絵本は夫か義母の担当でしたね。

子どもたちは日本の学校に通学していましたから、フランスとの違いに驚くことがよくありました。たとえば音楽の授業で、子どもたちがいろんな楽器を使っていることには感動しました。フランスではずっと同じことの繰り返しで、いろいろ試すことはありません。美術の時間も、フランスでは1年間ポットばかり描かせられたこともありました。わたしが、“絵をみるのは好きなのに描くのが嫌い”なのは、それが影響しているのかもしれませんね。わが子を見ていて、日本の学校は「子どもが自由!」とうらやましく感じましたね。

典型的な違いは、フランスでは厳しく教育するのに対し、日本はほめる教育だということ。日本では学校でも公文式でも、よく“花まる”をもらいますよね。子どもが小1のころ、花まるをもらってきて、「私の子どもは天才ではないのにどうして?」と、ほかのお母さんに聞いたら、「日本ではできれば花まる」と聞いて驚きました。フランスでは、就学前ならともかく、ほめられることはほとんどない。逆に、いくら上手でも低い点数をつけます。「満点、完璧は存在しない」という哲学的な考えがあるのです。安心してはいけないし、「疑問をもちなさい」「自分で考えなさい」ということなんです。

こういった影響があるのか、日本は甘えん坊の学生が多い印象です。フランスでは学校が厳しく、学生が教授に気軽に話しかけることはまずありませんが、日本の学生はとても人なつっこい。日本は甘すぎで、フランスは厳しすぎ。その中間であればいいのに、とよく思います。

日本の学生は、やさしくて礼儀正しい。それはよいことですが、もっと自信をもってほしいですね。まずはしっかりと自分の意見をもってほしいと思います。大学で教え始めたころ、学生たちがみな笑顔でうなずいていたので、みんな理解してくれたんだとうれしく思っていたら、試験では1人もできていなくて、大きなショックを受けたことがあります。フランスだったら、理解していなければ笑顔にはなりませんから。

小山先生から日本の学生へのメッセージ

関連記事

2015/12/18更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.261
公文国際学園の寮生活
自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~
Vol.260
スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱
スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~
Vol.259
くもんのカードが発売40周年!
親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる
Vol.258
認知症予防の新たな取り組み
天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.054 後編
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.054 前編
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.053
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.052
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。