トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者 赤間亮先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/10/21更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生  前編

世の中貢献するために
自分の好きなこと突出させよう

赤間 亮 (あかま りょう)
北海道生まれ。都留文科大学卒業後、早稲田大学大学院文学研究科に進学。早稲田大学演劇博物館を経て、1991年より立命館大学に着任。現在、文部科学省グローバルCOEプログラム・立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」拠点リーダー。日本演劇・日本美術を専門として、著書に『日本文化デジタル・ヒューマニティーズの現在』『イメージデータベースと日本文化研究』(共著、ナカニシヤ出版)、『岩波講座歌舞伎文楽 第四巻 歌舞伎文化の諸相』(共著、岩波書店)など。

日本および世界における博物館・美術館のデジタル・アーカイブの第一人者、赤間亮教授。デジタル・アーカイブとは、有形・無形の文化資源(文化財)をデジタル化して保存し、広く情報を公開することです。赤間先生は、世界に散在する浮世絵などの貴重な史料のデジタル・アーカイブ化に取り組まれています。いまでこそ、世界中の研究者が手軽に史料にアクセスできるとして広く普及しているデジタル・アーカイブですが、赤間先生が着手された当時は、決して関心は高くありませんでした。それをものともせず、地道なこの研究を続けてこられたのはなぜでしょうか。活動の源にある思いや研究のきっかけについてうかがいました。

埋もれていた文化資源を見つけ、育てていく

vol37_1_img1

私はもともと日本の文化、特に江戸時代の文学・芸術・芸能が専門です。学びのジャンルが広がったいま、文化は情報としてとらえられていて、今は「日本文化情報専攻」の教員として学生を教えています。これは、文学、絵画、演劇などを情報の観点で探求することに加え、「資源」を管理・整理する図書館学や書誌学などの視点も導入した学問です。

「資源」とは、かつては「史料」と言われていたものです。「史料」だと専門家のみが使う「価値あるもの」だけになってしまいますが、そうではなく、いままで知られていないすべてのものを拾い集め、可能性を広げていくという考え方からきています。これは世界的な潮流となっていて、デジタル・アーカイブの世界でも、「文化財」や「文化遺産」ではなく、「文化資源」と表現する場合が多くなりつつあります。

「資源」は世界中に散らばっており、その一つひとつに命があります。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画「モナ・リザ」は資源のトップスターと言えるでしょうが、一方でまだ誰にも見向かれない資源もあります。その埋もれていた資源の可能性を見つけ、磨きあげて育てていくのが私の仕事のひとつで、そういう意味では一人ひとりの可能性を見つけて伸ばしていく教育活動と同じですね。

その実現に役立つのがデジタル・アーカイブなのです。大学では、デジタル・アーカイブによる資源の保存や活用を研究しています。今年も、私が指導している大学院生がイギリスにある大英博物館にインターンシップに行ってきました。彼らは研究室で資料の取扱いだけでなく、デジタル技術を修得して、それを武器にして大英博物館が求める「各種コレクションのデジタル化」に貢献できるのです。こうしたデジタル・アーカイブの教育メソッドを実践的につくっていくのも、私の仕事の一つだと思っています。

日本は過去のどの時代においても、世界でもまれにみる魅力的な文化をもっています。海外からは「あれも、これも素晴らしい」と言われるほどですが、当の私たちはそれをあまり意識せずに生活しています。自分たちが考える「価値あるもの」にしか目を向けず、日本文化のもつ可能性を断切ってしまってはいないでしょうか。

しかし、デジタル・アーカイブによって、埋もれている「日本文化の素晴らしさ」にも光が当たる可能性が出てきます。誰もがどこでも閲覧できるので、片隅に転がっていたものが注目を浴びる可能性があるのです。デジタル・アーカイブは学術研究を劇的に変化させましたが、日本への理解が進むことにも貢献すると思っています。

自分で「工夫」をするのが好きだった子ども時代

関連記事

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

バックナンバー

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

2017/01/20更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.214
くもん出版の将棋シリーズ
「できた!」を積み重ねて「わかる」に ~公文式のよさを生かした商品づくり~
Vol.213
Baby Kumon 5周年
毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!
Vol.212
英語で視野を広げよう!
世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-
Vol.211
「こどもえんぴつ もちかたサポーター」ってどんな商品?
大好評! 「こどもえんぴつ もちかたサポーター」 教室現場の声から生まれたアイディア商品
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.044 後編
仕掛学者 松村真宏先生
予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に
Vol.044 前編
仕掛学者 松村真宏先生
予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に
Vol.043
労働経済学者 浦坂純子先生
積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう
Vol.042
フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん
与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。