スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生  後編

チャンスがあるところに
舞い降りてくる

異文化に接することで「自分」を理解して
夢の実現のために学び続けよう

千葉杲弘 (ちば あきひろ)
1934年東京生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒業、同大学大学院教育学研究科修了。1961年、ユネスコパリ本部教育局入局。ユネスコアジア太平洋州教育事務所次長、ユネスコ本部教育局次長、同オペレーション事業調整局局長などを務めたのち、1991年より国際基督教大学教授、2004年より2008年まで同大学COE客員教授。日本ユネスコ国内委員、日本ユネスコ協会連盟理事、世界寺子屋運動委員会委員長、ユネスコアジア文化センター識字協力委員会委員長などを歴任。

日本人として当時最年少の27歳でユネスコ(国際連合教育科学文化機関)のパリ本部に勤務し、世界を舞台に基礎教育の普及と発展に努めてきた千葉杲弘先生。小6のときに終戦を迎え、そのときに感じた平和のありがたさから、ユネスコで働く夢を抱き、実現させました。異文化・多文化のなかでさまざまな経験を積まれた千葉先生が、夢をもつことの素晴らしさを語ってくれました。

「世界を教室」に自分と違った環境に身を置いてみよう

 

念願だったユネスコに勤務した私でしたが、定年まで3年を残し、57歳で国際基督教大学(ICU)の教員に転じます。31年間の勤務のなかで、自分がやるべきことはやれたかなという思いと、私がユネスコで体得してきたことを後進の学生に伝えたい、また自分自身が新たな環境に身を置くことで新たな学びが得られるのでは、との思いもありました。

授業で最初にとりあげたのは「識字」の問題でした。日本では「文字の読み書きができるのは当然」との認識がありますが、世界にはそれができない人は何億人もいると伝えると、学生は大きなショックを受けたようです。実体験を交えながらの講義には、ほかの大学の学生までもが聴きにくるようになりました。実際のリアリティから教育の理論を組み立てていくという点に、面白味があったようです。

そんなある時、女子学生が「途上国に連れて行ってください」と訴えてきて、十数人の学生たちとフィリピンへ行くことになりました。フィリピン大学の寮に宿泊して、現地の学生たちとの交流と視察。ゴミの山が自然発火して煙が出る様子から「スモーキーマウンテン」と呼ばれるスラム街にも行きました。私が想像する以上に若い学生たちのショックは大きかったようです。同じ人間なのに、なぜ彼らはここで一生過ごさねばならないのか、自分たちはなぜ恵まれているのか。

自分たちとは違う環境の中に身を置いてみて、「どうしてそうなのか?」「何かできるのではないか?」と考えるようになったのは、とても大きな収穫でした。やはり教室から外へ出てみなければ、学べないものがある。「世界が教室」でなくてはならない、と改めて思う出来事でした。

その後帰国した学生たちは、国際理解を目的とした「ユネスコクラブ」を学内で立ち上げます。これは現在でも続いている活動です。そしてそうした学生たちのなかから、現在は国際機関で働いたり、国際教育に携わる人たちがたくさん出てきているのはうれしい限りです。

千葉先生が考える「グローバル人材」とは?

関連記事

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/02/27更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

調査・研究・アンケート  2015/07/21更新

Vol.096 グローバル人材に関する母親の意識調査

語学力は必要、加えてもっと大切なこともある「グローバル人材とわが子に関する母親の意識調査」結果

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2015/02/20更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.269
仲間たちとともに60周年
「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展
Vol.268
学習療法の起こり
身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ
Vol.267
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん
ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?
Vol.266
千葉県白井市で楽しく認知症予防
市民主体だからこそ生まれる効果
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.056 後編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.056 前編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
Vol.054
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。