スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生  後編

「自分には何ができるか」。
気付き”を一歩先につなげること、
をつねに問いつづけ子どもたち
ご家族によりそう医療をめざす

田中恭子 (たなか きょうこ)
長野県出身。順天堂大学医学部を卒業後、順天堂大学医学部附属病院に勤務。2002年に英国ダンディー大学心理学部に留学。帰国後、順天堂大学医学部小児科准教授。2013年に東京大学医学部附属病院こころの発達診療部に国内留学。2015年4月より国立成育医療研究センターこころの診療部思春期メンタルヘルス医長。順天堂大学医学部小児科非常勤講師。順天堂越谷病院メンタルクリニック児童思春期部担当医。専門分野は子どものメンタルヘルス。さまざまな病気や障害のある子どもとその家族のケアに従事。小児医療現場での「遊び」の重要性を唱え、病気や障害をもつ子どもたちとその家族が安心して遊べる場として、順天堂大学病院内に「わくわく広場」を創設。自身も一女の母として子育て中。※2015年3月の取材時は順天堂大学医学部小児科准教授

小児科医として、子どもたち一人ひとりとご家族によりそう医療をしたい――。そんな想いから、医師になってからも心理学を学び、問題や課題が山積みの仕事にも進んで取り組む田中先生。日々の診療と研究のかたわら、病気の子や障害のある子たちの支援団体の立ち上げにもかかわるなど、小児科医という枠を越えて精力的に活動されています。医師であり、一児の母でもある女性として、仕事にも育児にもまっすぐ向き合いながら、自らの道を切り拓いていく。その原動力についてうかがいました。

結婚・出産を経験。子どもたちと親御さんへの「答えの引き出し」がさらに増える

大学を卒業し、小児科医の道を歩きはじめましたが、仕事はやってもやっても、まだまだたくさんある。「こんなに忙しかったら、妻として、母として、ちゃんと務められないだろうから、結婚はしない」と思っていました。イギリスへの留学が決まったときも、「帰国したら、さらに忙しくなるだろうから、やはり結婚は……」と思いこんでいました。実際、帰国後に新たな活動をスタートさせ、予想通りの忙しさでした(前編参照)。

けれども、その忙しさとはうらはらに、気持ちは結婚へと動いていました。留学先で知り合った同業の研究者との出会いで、気持ちが大きく変わったのです。「お互いの夢をかなえていくために、ともに人生を歩んで行こう」と結婚を決めました。互いの仕事に対する真剣な姿勢を尊重しながら、家族になることを思い描いたのです。その心境の変化には自分でもおどろいています。

ただ、仙台にある大学に職が決まっていた夫とは週末だけをいっしょにすごす、いわゆる「遠距離結婚」の生活。さびしさを感じる時間もないほど仕事が忙しい日がつづきましたが、あるとき妊娠がわかり、自分でもびっくり。小児科医としてたくさんの子どもたちを診ているし、すでに高齢出産の域で不安もありましたが、胎動をたしかに感じるようになってからは、「わたしはこの子を育てていける」という自信が湧いてきたのを実感しました。

お産は難産で、産後も大貧血でしたが、無事に生まれてくれたことに安堵しました。そして、出産後4ヵ月で職場復帰。子どもができてからの変化ですか?患児の親御さんに、医学的なお話だけでなく、「こんなことをしてみたらどうですか」と育児のアドバイスも自然にできるようになったことでしょうか。子どもたちにも親御さんたちにも、答えられる引き出しが増えたと感じています。

子どもの成長は早いもので、娘もこの4月で小学1年生になります。幸い大きな病気をすることもなく、すくすく育ってくれました。けれど、家でも仕事をしているわたしをちゃんと見ていて、「ママ、なんでもひきうけちゃだめだよ」と心配してくれることがあります。その気遣いが身に沁みますね。

仕事に熱中しすぎることもあり、さびしい想いをさせてしまっているのかなと感じることもありますが、うれしいことも。つい先日の保育園の卒園式で、「わたしは大きくなったら、赤ちゃんからお年寄りまで診るやさしいお医者さんになりたいです」と発表してくれたんです。わたしが小児科医で、夫は高齢者を研究する医師だからなのでしょうが、子どもは親の話をよく聞いているものだと、あらためて感心しました。

育児をしながらだと、仕事の時間はそれまでよりも限られてしまいますが、休日や娘の就寝後など、使える時間はできるだけ有効に使っています。そんな時間的にゆとりがない生活を送っているにもかかわらず、あまり人が引き受けたがらないような仕事でも、それを誰かが必要としているとわかると、進んでその仕事に取り組んでいる自分に気づきます。夫からは、「また!?」と言われることもしばしば。娘からも“ママ、またなの?あまりなんでもひきうけないでね”とお願いされるくらい、子ども時代からのおせっかいな性格(前編参照)はいまだ健在なようです(笑)。

たとえば「病後児保育」です。病気はほぼ治っているものの、まだ回復期にあり、ふつうの保育園に通うのがきびしい子どもたちを、親御さんにかわって一時あずかる施設(システム)です。厚生労働省が定めた子育て支援事業のひとつに位置づけられていますが、実際にやろうとするといくつものハードルがあり、運営もとても手間がかかります。しかし、働く親御さんたちにとって、わが子の病気は一大事ですから、誰かがサポートする必要があります。

東京都の文京区と順天堂大学とで2010年に立ち上げた「病後児保育」は医療機関併設型。つまり病院内の一時あずかり施設ですが、自らその事業担当を引き受け、ほかの同様の施設を数多く見学したり、保育士さんの面接、マニュアルづくり、備品類の発注、担当医の選任など、ものすごい勢いで整えました。開所直前まで準備がつづき、たいへんな経験でしたが、関係者のみなさんと課題ひとつひとつをじっくり話し合えたこと、たくさんのご協力をいただいたことで、無事に開所できました。そして、お互いの信頼関係をいっそう厚くすることができました。これも大きな財産だと思っています。

何よりも「愛着」が大切と考える理由とは?

関連記事

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2014/06/27更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

2014/06/20更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2014/08/29更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

バックナンバー

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

2017/01/20更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.215
児童養護施設でのKUMON-飛鳥学院
将来の自立に向けて、 もっと自分の可能性を 引き出してほしい
Vol.214
くもん出版の将棋シリーズ
「できた!」を積み重ねて「わかる」に ~公文式のよさを生かした商品づくり~
Vol.213
Baby Kumon 5周年
毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!
Vol.212
英語で視野を広げよう!
世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.044 後編
仕掛学者 松村真宏先生
予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に
Vol.044 前編
仕掛学者 松村真宏先生
予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に
Vol.043
労働経済学者 浦坂純子先生
積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう
Vol.042
フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん
与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。