トップ > KUMON now! > トピックス > 世界そして世代に広がるKUMONをキャッチフレーズにすると?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/04/14更新

Vol.083 外から見たKUMON-宣伝会議賞  

世界そして世代
広がるKUMON

キャッチフレーズにすると?
宣伝会議賞レポート

「世界そして世代に広がる、KUMONを表すキャッチフレーズ」―― この課題に対して、どのようなものをイメージされますか? 国内最大規模の公募広告賞である「第52回 宣伝会議賞」を通じて応募された多数の作品から、協賛企業賞を受賞した作品をご紹介します。

歴史ある広告賞「宣伝会議賞」

若手コピーライターの登竜門として、日本最大規模の公募広告賞として知られる「宣伝会議賞」。今回は第52回目となりますが、公文教育研究会ではこの賞に初めて企業として協賛、「世界そして世代に広がる、KUMONを表すキャッチフレーズ」を課題として、12,617件にのぼるキャッチフレーズの応募を集めました。

イメージは「世界への広がり」

全体では52万点を超える
応募がありました

数ある応募のなかから協賛企業賞として選ばれた優秀作品が、現在早稲田大学の学生である、安蒜(あんびる)さつきさんのこちらのキャッチフレーズです。

「生まれた国もちがうけど、KUMONが同じ思い出だった。」

作品紹介のアナウンスで、
壇上に向かう安蒜さん

KUMONが世界に広がっているイメージを感性豊かな言葉を集めて言い表したこちらのフレーズ。安蒜さんがどのような思いでこの作品を仕上げたのか、うかがってみました。

Q.このキャッチフレーズはどのように生み出されたのですか?

A.KUMONというブランドは、街中やテレビなど、生活の身近なところに存在している印象があったのが応募のきっかけです。

そして、今回の課題である「世界に広がる公文」ということで、私は3年前に米国ロサンゼルスに留学していたのですが、その移動中の車からふと外を見たときに、KUMONの看板を見かけました。目に飛び込んできたブルーの看板に、「あれ、ここ日本じゃないのに?」という不思議な感覚で、とても印象的な出来事でした。

また、大学の友人同士が、通っていた塾が同じだったという話題で盛り上がり、育った場所が違っても、同じことを学んだ共通体験で、心の距離がぐっと近くなるようすをよく見かけました。

こうした経験から、KUMONが世界にさらに広がれば、きっと世界中でこういう共通体験が結びついて、打ち解ける機会がきっともっと広がるはずだ、と思い至り、考えました。

Q.言葉選びにも苦労されたようですね。

A.小さい頃から詩歌が好きで、言葉には人一倍センシティブでした。大学では短歌サークルに所属していたこともあって、一文字一文字に対するこだわりも強い方だと思います。

たとえば今回のキャッチフレーズでは、「生まれた国も~」と並列の助詞である「も」を使っていますが、もしここに「は」を使ったとしても、文章としては成立すると思います。

ただ、生まれた国だけでなく、言葉も文化も教育も、世界の国々で違うことはたくさんあります。「は」だけでは表現できないふくらみを持たせるために、「も」をあえて使いました。

Q.「思い出」がキーワードだとうかがいました。

A.私は大学で教育学を学んでいますが、教育というのはとても時間がかかるものであることを改めて知りました。その時間を表現するために、「思い出」という言葉を使って、積み重ねた日々を表現することができるのでは、と考えました。

教育は子どもたちの20年後30年後の未来のためにあるものだと思いますが、KUMONという日本発のしくみが、世界から求められて徐々に広がっているということにとても驚きました。

KUMONがどのようなイメージで世の中に受け入れられているのか。「世界そして世代に広がる、KUMONを表すキャッチフレーズ」の課題を通じて、客観的な視点に数多くふれることができて、改めてたくさんの気づきが得られる機会となりました。

関連リンク
第52回 宣伝会議賞

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/08/10更新

Vol.269 仲間たちとともに60周年

「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展

KUMONグループの活動  2018/08/07更新

Vol.268 学習療法の起こり

身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ

KUMONグループの活動  2018/07/31更新

Vol.267 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん

ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?

KUMONグループの活動  2018/07/24更新

Vol.266 千葉県白井市で楽しく認知症予防

市民主体だからこそ生まれる効果

KUMONグループの活動  2018/07/17更新

Vol.265 浮世絵に見る明治維新のころの教育

今年は明治維新150年! 浮世絵から見えてくる 当時の「学び」の変化とは?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.056 後編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.056 前編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
Vol.054
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。