KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/08/26更新

Vol.051 海外のKUMON-海外展開スタートから40年  

「社会に貢献」から
「地球社会に貢献」へと
進化したKUMONの理念
海外展開スタートから今年で40年

1955年、大阪府守口市に初めて公文式教室が誕生(創業は1958年)。それから19年後の1974年、ニューヨークに海外第1号の教室ができました。これを皮切りに、現在では48の国と地域に学びの場が広がっています。

「大阪の公文」から「全国の公文」へ、そしてアメリカへ

1962年(昭和37年)の社内資料に、こんな一文があります。「東京初となる公文式教室を新宿区戸塚町(現在の西早稲田)に開設」。当時、東京での公文式の知名度はほぼゼロだったということも、同じ資料に記されていました。それまでは、公文式教室は大阪府内を中心に数十教室、学習者数も数千という時代。しかし、大阪の教室に通う子どもたちの成長をつぶさに見て、創始者の故・公文公(くもんとおる)は「ぜひ、東京の子どもたちにも公文式を。そして全国の子どもたちに…」と考えていたのでした。

東京進出を契機に、教室も、そこで学ぶ子どもたちも少しずつですが、着実に増えていきました。そして、1969年に国内の学習者数が1万を超え、やがて10万を超えてしばらくしたころ、ニューヨークに海外初の公文式教室(算数・数学)が開かれることになります。1974年のことです。

このときのニューヨークの教室の学習者は、大半が日本人駐在員の子女でした。教室の先生も日本人です。このことは、海外展開の初期にできた公文式教室のほとんどが同じでした。というのも、親の海外勤務に伴い移住した生徒さんたちの「公文はぜひ続けたい」というご要望に応え、海外で教室を開設することが当時は多かったからです。

ニューヨークに続き、1970年代には台湾、ブラジル、ドイツに公文式教室が開設されていきます。こうした海外への広がりにともない、その学習法と効果が地域で評判となり、現地の子どもたちが少しずつ増え、さらに評判を呼ぶ。こうしたくり返しでKUMONは地域に受け入れられ、現地の先生が指導し、現地の子どもたちが学ぶという、現在のスタイルができたのです。

南アフリカにも200以上の教室が

それから40年たった今、48の国と地域で427万の子どもたちがKUMONを学んでいます(2014年3月末現在)。教室もいろいろな場所にできています。ある国の大使館が多い地区の教室は、生徒さんの1/3ほどが大使館員の子女で、十数か国の子どもたちが学んでいます。ブラジル・サンパウロ郊外にある教室は、日本人の感覚からすると「原野のなかの教室」で、「よく通ってくるなぁ」と感嘆してしまうといいます。同じ南半球の南アフリカ共和国には239の教室があり、日本人観光客の方が驚かれることもあるそうです。

48の国と地域には、それぞれ時差があります。たとえば、ブラジルと日本との時差は12時間、ドイツとの時差は7時間。ということは、今、この瞬間も地球のどこかでKUMONを学習している子どもたちがいるのです。40年前とは隔世の感があります。

もちろん、国は違っても、地域が違っても、一歩教室のなかに入ると、そこはKUMONの教室。集中して教材に向かう子どもたちの真剣さが感じられる空気、そして元気に学ぶエネルギーが満ちています。ご紹介している写真で、その一部でも感じていただけたら幸いです。

「社会」から「地球社会」へ

海外展開が進んでいくと、公文をよく知る識者の方たちから、「公文の理念の一部を変えてはどうか」というご提案をいただくようになりました。理念の最後の一節の「社会に貢献」を「地球社会に貢献」へという変更です。「社会」の前に「地球」を加える。2文字加えるだけですが、その重みの変わりようは計り知れません。

そして、社内でも同じように考える社員が増えていたこと、また「それに挑みたい」という意味でも、変えようという結論に至り、2001年に変更しています。私たちはこの理念を一日でも早く実現できるよう、これからも真摯に活動していきたいと考えています。

公文の理念

われわれは
個々の人間に与えられている可能性を発見し
その能力を最大限に伸ばすことにより
健全にして有能な人材の育成をはかり
地球社会に貢献する

関連リンク

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2014/01/07更新

Vol.018 海外のKUMON-ブラジル

KUMONでブラジルの発展に貢献

KUMONグループの活動  2013/11/12更新

Vol.011 海外のKUMON-インドネシア

伸び続けるインドネシア公文の理由 「わが子によりよい教育を」に支えられ、現地法人設立から20年

KUMONグループの活動  2014/06/17更新

Vol.041 海外のKUMON-フィリピン・レイテ島

台風ヨランダの後に咲く 子どもたちの笑顔

KUMONグループの活動  2014/07/29更新

Vol.047 国境を越えた学び合い

一人ひとりの子どもの 成長を支えるために

KUMONグループの活動  2014/03/25更新

Vol.029 KUMONの創始者

よりよい指導のために、 自分の先入観を捨て 「子どもから学ぶ」 創始者・公文 公の生誕から100年を迎えて

バックナンバー

KUMONグループの活動  2017/11/14更新

Vol.235 浮世絵にみる文明開化の子どもたち

浮世絵を通して時代を感じ 日本の文化を再発見

学習者・OBOG  2017/11/07更新

Vol.234 女子サッカーリーグで活躍する公文式OGたち

サッカーと公文式の共通点とは?

学習者・OBOG  2017/10/31更新

Vol.233 公文式ドイツ語の学習者

ドイツ語への好奇心が 私の世界を広げてくれた

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

KUMONグループの活動  2017/10/17更新

Vol.231 うたのある楽しい子育てを!

ことばの豊かな子をそだてる 『くもんの うた200えほん』刊行

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.049 後編
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.049 前編
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.048
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  
Vol.047
女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん
夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.045 後編
英語教育学者 高橋 美由紀先生
英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう
Vol.045 前編
英語教育学者 高橋 美由紀先生
英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう
Vol.044
絵本作家・童話作家 正岡慧子さん
心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切
Vol.043
海洋冒険家 白石康次郎さん
自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。