スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/05/19更新

Vol.043 海洋冒険家
白石康次郎さん  後編

自分の幸せのために
思いの方向に舵を切ろう

白石 康次郎 (しらいし こうじろう)
1967年東京生まれ鎌倉育ち。神奈川県立三崎水産高校在学中に、単独世界一周ヨットレースで優勝した故・多田雄幸氏に弟子入り。1994年には史上最年少(当時)となる26歳で、ヨットによる単独無寄港無補給世界一周という偉業を成す。その後も数々のヨットレースで活躍し、2016年には最も過酷な単独世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローヴ」にアジア人として初出場を果たすも無念のリタイア。ヨットレーサーとしての活動以外にも、子どもたちと海や森で自然学習を行う体験プログラムも主宰する。

数々の国際的なヨットレースに挑む一方で、子どもたちに自然の尊さと夢の大切さを伝え続けている海洋冒険家の白石康次郎さん。子どもの頃に抱いた「船で海を渡る」という夢に向かって、さまざまな荒波を乗り越えてきました。夢をかなえる力、そして旺盛なチャレンジ精神と行動力の源泉についてお話をうかがいました。


電話帳で調べて「海の寅さん」に「弟子入り」
人生を教わった師匠との出会い

水産高校在学中に、師匠となる多田雄幸さんが第1回単独世界一周ヨットレースで優勝しました。その様子が書かれた本を読んで、自分の目標を「船で外国に行く」からさらにハードルを上げて、「一人でヨットで世界一周をする」と決めました。ヨットといえば、僕ら庶民には手が届かないと思うでしょう?でも多田さんは個人タクシーの運転手だった。そしてヨットを自分で作って世界のレースで優勝した。

その事実に希望が湧いたんです。とにかく本人に話が聞きたかった。それで東京駅まで行って電話ボックスの電話帳で調べて電話しました。アパートに押しかけて、どうしてもヨットに乗りたい、と頼み込んだんです。

多田さんは、理詰めの僕とは真逆のタイプ。感覚的でアーティスト。一言で表すと、「行雲流水」。とどまることなく自由に生きた人で、作家の沢木耕太郎さんは「海の寅さん」と表現されました。僕は師匠から「人生の楽しさ」を学びました。師匠とのエピソードはたくさんありますよ。ひどい荒海のとき、僕がつらいと思っていても、師匠は船の中で餃子の皮を作っていたり。あれを見せられたら、もう何も言えません。少しの間でしたが、一緒にいられて幸せでした。

 


©YOICHI YABE

亡き師匠の船を改造して、26歳で無寄港無補給で単独世界一周を果たしたときは「初めてみんなにお礼を言える」ことがうれしかった。それまでに2回失敗していて、「すみません」「お願いします」しか言えませんでしたからね。このときのレースでは176日かけてゴール。こんなに時間のかかるスポーツは他にないですよね。

単独レースでは、ヨットの上はもちろん自分ただ一人。だから24時間体制で、1時間以上は連続して寝られない。何かあったら飛び出せないから寝袋は使わないし、トイレはバケツででんぷんでできている袋に入れて廃棄します。食事はレトルトのアルファ米。野菜がとれないぶん、ビタミン剤も飲んでいます。こんなふうに船の上ではすべてが不便。クジラに激突する危険もあるし、何が起こるか分からない。死ぬことだって想定内です。

白石さんがヨットに乗る理由とは?

関連記事

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2016/12/22更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

2017/01/20更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.231
うたのある楽しい子育てを!
ことばの豊かな子をそだてる 『くもんの うた200えほん』刊行
Vol.230
キーワードは「世界基準!」-TOEFL Junior®動画レポート
英語圏でのあたりまえを疑似体験しながら グローバルスタンダードの英語力を鍛えよう! ~TOEFL Junior®~
Vol.229
第5回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー
「次世代型英語教育へのチャレンジ」 身につけるべき真の英語力とは?
Vol.228
「手紙に関する意識調査」結果発表!
公文書写学習者は、 「親しい方や、離れて暮らすご家族、 お世話になった方に 手書きで手紙を送りたい」
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.048 後編
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」
Vol.048 前編
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  
Vol.047
女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん
夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう
Vol.046
盆栽芸術家 秋山実さん
素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。