OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生  前編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)
1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

大学では奇術研究会に、その後恩師を追って東京へ

大学は、じつは子どもの頃から「大阪大学工学部」と決めていました。なぜかというと、小学生時代の文集に、「図工が好きなので将来、大阪大学工学部に行きたい」と書いたから。当時はおそらく親から聞いて書いたのだと思いますが、そう書いたことを自分でずっと覚えていたことが影響していたのでしょう。

今思うと、書くということは行動を起こす上で重要だと思います。人の前で言うと「言ったんだからしないといけない」という意識が働きます。これは行動経済学では「一貫性の原理」と言いますが、ぼくのケースもそうだったのだと思います。

ただ、正確に言うと入学したのは工学部ではなく基礎工学部でした。高校時代に人工知能を学びたいと思うようになり、基礎工学部なら人工知能の先生がいる、と大学のパンフレットにあったからです。しかし当時、人工知能が学べるのは、研究室に入れる4年生からでした。それまでは人工知能を学べる機会はなく、あまり勉強しない学生生活が始まりました。

では何に熱中していたかというと、奇術研究会の活動でした。大阪大学出身のマジシャン、ムッシュ・ピエールさんが当時4年生にいて、彼に誘われて入会したんです。「手品ができれば食いっぱぐれないかな」なんて考えて。今でも子どもたちの前でやると喜ばれますよ。

振り返ってみると、その奇術研究会での活動が、今の仕掛学にも通じているのかもしれないと感じます。手品は不思議な現象でもちゃんとタネや仕掛けがある。そんな技術を収集しまくっていたことが、今につながっているのかもしれません。

4年生になって人工知能の研究室に入れたので、そこからは研究中心の生活でした。当時はインターネットが出始めた頃。その可能性を感じていたので、ネット上で行う「質問応答システム」を作ったりしていました。その後大阪大学の大学院に進み、人工知能の研究を続けていましたが、修士1年生のとき、研究室でお世話になっていた大澤幸生先生が東京の筑波大学の東京キャンパスに移られたことをきっかけに、ぼくも上京することにしました。

大澤先生が移られた先は社会人大学院だったのでぼくは入ることができなかったのですが、そこに一番近い東京大学大学院に入ったんです。大澤先生の出身研究室だったことも理由のひとつでした。とにかく先生のもとで勉強したいと思っていたものですから。

後編を読む

関連リンク
松村真宏先生研究室サイト


 

 

後編のインタビューから

-「仕掛学」が生まれた経緯
-松村先生から学生たちへのメッセージ
-松村先生のこれからの目標とは?

後編を読む

関連記事

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/04/07更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

バックナンバー

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.269
仲間たちとともに60周年
「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展
Vol.268
学習療法の起こり
身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ
Vol.267
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん
ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?
Vol.266
千葉県白井市で楽しく認知症予防
市民主体だからこそ生まれる効果
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。