KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON  

KUMONより身近になる一冊
『子どもの”自学”する力を育むKUMON』が
PHP研究所より刊行されました

「公文はふつうの学習塾だと思っていたら、中身はずいぶん違うんですね」。ここ1~2年、外部の方からお聞きする感想でとても増えたもののひとつです。そんな方たちに、KUMONをもっと身近に感じていただける本がPHP研究所より刊行(2014年5月)されました。著者はジャーナリストの多賀幹子さんです。

多賀幹子さんプロフィール

東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。企業の広報誌編集長の後、フリージャーナリスト。ノンフィクション作家でもある。ニューヨークとロンドンに合わせて10年以上在住。現在、国内はもとより、ヨーロッパやアジアにおいて、教育、女性、王室などを主なテーマに取材。新聞や雑誌などへの執筆活動のほか、テレビ出演、講演活動などを行う。『いじめ克服法』『育児は3E』『親たちの暴走 日米英のモンスターペアレント』など著書多数。

「教育に関して混乱を極める時代だからこそ、伝えたいことがある」


『子どもの“自学”する力を育むKUMON』 PHP研究所刊
定価:本体1,250円(税別)
本の帯は、公文式OBでもある、棋士・羽生善治さんが書いてくださいました

この本を著した多賀幹子さんは、国内はもちろん、海外の子育てや教育事情、女性の生き方などをテーマに活動されているジャーナリスト。多賀さんはこれまで10年近くにわたり、国内の公文式教室をはじめ、海外を含めたいくつものKUMONの学びの現場を取材してくださり、新聞・雑誌・教育誌などに寄稿されてきました。その多賀さんから「KUMONの本を書き起こしてみたい」というお声掛けをいただいたのです。

では、多賀さんは、なぜそう思われたのでしょうか。それは、本の冒頭にある「はじめに」のなかから読み取ることができます。

…いくつもの教室を見学させていただいて気がついたのは、日本と海外の指導者が共に、「子どもを伸ばす」経験を豊富にお持ちであることだった。幼児で入会すると高校生まで指導を続ける。その後、大学生や社会人になっても教室に顔を見せる教え子たちも少なくない。
一人の人間の成長にこれだけ長く伴走を続けて得た知見は、まさに宝の山に違いない。
教育に関して混乱を極める時代だからこそ、この膨大な蓄積は私たちにさまざまな気づきをもたらすだろう。人間にとって本当に必要な力をいかに養うか、自立するための基礎をいかに固めるか、学び続ける習慣をどう育むか。さらに、どのような言葉が子どもを伸ばし、どのような言葉を慎むべきか。それを無数の子どもを見守ってきた指導者に伺おう。
<原文のまま>

「公文は、人間にとって最も大切な生き抜く力を育てている」

多賀さんは、イギリスと香港、国内は北は岩手県山田町から南は鹿児島県の奄美諸島までと、海を越え国を越え、22人の公文式教室の先生方に取材をされました。そして、すべての取材を終えると、公文の「“自学”する力」について、こう話してくださいました。

…指導者への取材を重ね、公文式学習は目指すところが高いことを知った。「100点」の教材を一枚また一枚と仕上げていく忍耐強さは、基礎学力を揺るぎないものにするばかりでなく、学習習慣をつけてくれる。「自学する力」とは、人から教えられるのを待つのではなく、自分から進んで学ぶ積極性を身に付けるとの意味だ。自学自習ができるようになれば、もう怖いものはない。人は一生学び続け、自分を成長させていける。学業面での目標の達成と同時に、一生を貫く人間の根幹をこしらえることに通じる。公文は、人間にとって最も大切な生き抜く力を育てていることを実感した。
<「おわりに」より。原文のまま>

ぜひ、ご一読いただければと思います。

関連リンク

関連記事

2016/08/26更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

2016/09/02更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

KUMONグループの活動  2014/02/04更新

Vol.022 外部から見たKUMON-外部識者

心理学、認知リハビリ、脳科学、 小児科から見た公文式 外部識者が発信する新たなKUMONの価値

KUMONグループの活動  2014/12/24更新

Vol.068 街角のKUMON-フィリピン・インドネシア・オーストラリア

なぜ48の国と地域にKUMONは広がっているのか?オリジナル教材と個人別学習、そして世界各地の指導者

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/06/19更新

Vol.261 公文国際学園の寮生活

自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~

KUMONグループの活動  2018/06/12更新

Vol.260 スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱

スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~

KUMONグループの活動  2018/06/05更新

Vol.259 くもんのカードが発売40周年!

親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる

KUMONグループの活動  2018/05/29更新

Vol.258 認知症予防の新たな取り組み

天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成

学習者・OBOG  2018/05/25更新

Vol.257 世界の公文式教室-気づき編

”できた!”の達成感は 大きな自信になる ~気づき編~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.054 後編
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.054 前編
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.053
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.052
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。