スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/08/26更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん  前編

私たちはすべての人から何かを学べる
現場に足を運び
実際に見たり聞いたりしないと
本当に大切なものはわからない

多賀 幹子 (たが みきこ)
東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。大手企業で広報誌編集長の職を務め、結婚・出産を経て、フリーライターとしての活動を開始。ニューヨークとロンドンに合わせて10年以上在住し、現在はノンフィクション作家として、教育、女性、英王室などをテーマに新聞や雑誌への寄稿や講演、テレビ出演。著書に『子どもの“自学”する力を育むKUMON』(PHP研究所)ほか多数。外務省青年論文コンテスト審査員、外国特派員ゲストスピーカー、お茶の水女子大学非常勤講師など。

国内外の子育てや教育事情、女性の生き方などをテーマに取材・執筆をされているジャーナリストの多賀幹子さん。国内外の公文の指導者や教室での取材をはじめ、これまで数えきれないほどの方々をインタビューしてこられました。女性として、また母としてのライフステージの中で、多賀さんがどのようにして執筆活動を始め、活躍の場を広げていかれたのか。生い立ちのほか、取材することの魅力など、ジャーナリストという仕事への熱い思いもうかがいました。

新聞記者の父の転勤に伴い
転居をくり返した子ども時代

私は教育や子育て、女性などを主なテーマに執筆活動をしていますが、英王室についても長年追っています。夫の赴任に伴って英国に住んでいた時に、ダイアナ妃が事故で亡くなられました。ちょうど新聞社から王室に関する書籍の執筆を依頼されて、ダイアナ妃を追っていたところでしたので、ショックを受けました。それ以上に、最愛の母を突然失った王子たちのその後が心配でなりませんでした。そこからロイヤルファミリーに関心を持つようになり、取材を続けています。王室は英国民の理想とする姿であり、王室を見ていると、英国人の価値観や伝統文化などがよくわかります。これからは、7月に誕生した英国史上二人目の女性首相、テリーザ・メイ氏にも注目していきたいです。 

ただ、私の本来のテーマは教育です。育児誌で長く連載をしていたときに公文の先生を取材したことをきっかけに、世界49の国と地域に広がるKUMONに強く関心を持つようになりました。それから国内外の教室をたびたび訪問し、先生方や生徒にインタビューをしてきました。


多賀さんが執筆された
『子どもの“自学”する力を育むKUMON』
(PHP研究所)

私は米国で子育てをした時期がありましたが、そこで「個」を大事にする教育に感銘を受けました。KUMONが海外で圧倒的な支持を得ているのは、個人別の学習法や指導者の存在などが理由で、欧米の教育先進国と共通点を持っています。

また、最近の日本の教育問題では、とくに子どもの貧困が気になります。学校給食がない夏休み明け、子どもがやせ細って登校するといった話を聞くと、心が痛みます。自分に何ができるだろうかと問いかけているところです。 

私は新聞記者の父と専業主婦の母の間に、東京で生まれました。本が好きで、本さえあれば機嫌が良く、文章を書くのも得意。作文コンクールで表彰されたこともあります。小中学生の頃は、父の転勤に伴い、山形、福島、広島、そしてまた東京と、3~4年ずつくらいで転々としました。これは子どもにとって簡単なことではありません。まず言葉が違います。転校するたびにいじめを避けるためにも、必死でその土地の言葉(方言)に慣れようとしました。しかし慣れたと思えばまた転校なので、せっかくできた友達とも別れなければならず、さびしい思いもしました。 

また、学習面でも地方により進度が違い、そのことで苦労もしました。転校先の中学校では進みが早くて、前の学校ではまだ学んでいなかった箇所がすでに修了しており、自分で勉強しなくてはならなかった。でも今思えば、この頃の各地での暮らしは宝物。そこでのさまざまな経験は、私の糧となっています。自分の経験を踏まえて言えば、子どもは周囲が思っているより強くたくましい。逆境は子どもを鍛えるという一面も持っているのです。 

現在にもいきる「父と学校の先生からもらった言葉」とは?

関連記事

2016/09/02更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON

KUMONがより身近になる一冊『子どもの”自学”する力を育むKUMON』がPHP研究所より刊行されました

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

バックナンバー

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

2017/01/20更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.215
児童養護施設でのKUMON-飛鳥学院
将来の自立に向けて、 もっと自分の可能性を 引き出してほしい
Vol.214
くもん出版の将棋シリーズ
「できた!」を積み重ねて「わかる」に ~公文式のよさを生かした商品づくり~
Vol.213
Baby Kumon 5周年
毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!
Vol.212
英語で視野を広げよう!
世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.044 後編
仕掛学者 松村真宏先生
予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に
Vol.044 前編
仕掛学者 松村真宏先生
予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に
Vol.043
労働経済学者 浦坂純子先生
積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう
Vol.042
フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん
与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。