スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/09/25更新

Vol.024 早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生  後編

学びは本来わくわくする楽しいもの
「知りたい!」という欲求
「食べたい!」と同じ
人間の根源的欲求

井上 達彦 (いのうえ たつひこ)
1968年兵庫県生まれ。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、経営学博士。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教、早稲田大学商学部助教授などを経て、2008年より現職。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェローなどを歴任。おもな著書に『模倣の経営学』『ブラックスワンの経営学』(いずれも日経BP社)など。

アメリカのように、日本でも「起業」を目指す若者がもっと増えてほしい――そんな思いで大学生に「実践の経営学」を教える井上達彦先生。さまざまな企業の事例研究を通じて、「模倣」がイノベーションを生み出すことを論じ、関連書籍も多数出されています。その着眼点や、アメリカで身につけた体系的なまとめ方は、研究者だけでなく実業界の方々からも注目されています。理論ではなく「実践の経営学」に興味をもったきっかけなどを、生い立ちを振り返っていただきつつ、うかがいました。

米国流の学びを日本でも実現したい留学先のアメリカで研究者になろうと決意

ぼくが横浜国立大学2年のとき1年間の留学を決めたのは、入学後に遊びすぎたことへの反省からです。テニスサークルをつくり、100人くらいのメンバーを抱えていました。リーダーシップの必要性を感じたりなど、もちろん学びもありましたが、サークルと遊びの日々で、さすがに「このままではまずい」と気づいて。

じつを言うと、当時は留学するのはまだ珍しく、「カッコいいかな」という下心も少しはありました(笑)。「お前が留学?できるわけがない」と仲間には散々言われましたが、下見にも行き、オレゴンのルイス&クラーク・カレッジに決めました。大人数で学ぶユニバーシティより、少人数で「考え抜く教育」のカレッジのほうが魅力的だったからです。

そこでビジネスやエコノミクスを学びましたが、役に立ったのは、図書館の使い方や、段落を組み合わせて論理展開していく「パラグラフライティング」の作成の仕方です。情報の収集、整理、加工、アウトプットの仕方、それも紙とプレゼンテーションという一連の流れを、毎日のように集中的にやっていました。いまでこそ早稲田大学でも取り入れていますが、25年くらい前に、すでにプレゼンテーションの基本やロジカルシンキングのようなことを、アメリカではやっていたのです。

「これは素晴らしい、日本でもこういう学びを実現したい!」と思ったことが、いまの自分の仕事につながっています。この留学の時点で研究者を志し、大学院に進むことを決めました。そして経営組織論で知られる経営学者の加護野忠男先生のもとで学びたいという理由もあって、神戸大学大学院に進みました。

大学院時代に目覚めた「実践の経営学」のおもしろさとは?

関連記事

2015/09/20更新

Vol.024 早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生

学びは本来わくわくする楽しいもの「知りたい!」という知の欲求は「食べたい!」と同じ人間の根源的な欲求

2014/01/24更新

Vol.005 丸の内ブランドフォーラム代表 片平秀貴さん

気乗りせずとも飛び込んでいくと道は拓け、それぞれの「らしさ」を大切にすれば人生はもっと豊かになる

2014/01/31更新

Vol.005 丸の内ブランドフォーラム代表 片平秀貴さん

気乗りせずとも飛び込んでいくと道は拓け、それぞれの「らしさ」を大切にすれば人生はもっと豊かになる

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2013/11/22更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.261
公文国際学園の寮生活
自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~
Vol.260
スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱
スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~
Vol.259
くもんのカードが発売40周年!
親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる
Vol.258
認知症予防の新たな取り組み
天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.054 後編
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.054 前編
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.053
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.052
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。