OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/01/26更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん  後編

自分が直感した
好きなことへの熱量
信じて大切に育もう

小野 圭介 (おの けいすけ)
1982年、北海道札幌市生まれ。埼玉県北本市、長野県長野市育ち。早稲田大学理工学部建築学科に在学中に、米国系ブランドコンサルティング会社ランドーアソシエイツ東京オフィスでアルバイトを始める。同大卒業後、ランドーアソシエイツでしばらくアルバイトを続けた後、デザイナーとして採用され、正社員に。シニアデザイナーを経て、2012年同社を退社、独立してONO BRAND DESIGNを設立。共著に『ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング』(MdNコーポレーション)。受賞歴はPentawards(国際パッケージデザインコンペティション )ブロンズ賞(2017)、日本タイポグラフィ年鑑 ベストワーク賞 (2015)など。4歳から中学までの間、埼玉と長野の公文式教室に通う。算数・数学、英語、国語を学習。

会社やブランドの「しるし」ともいえるロゴマーク。言葉で説明するよりも、見ただけで、その会社の想いが伝わるものとして、多くの企業で使われています。2018年に60周年を迎える公文教育研究会でも、記念のロゴマークを作成し、KUMONに関わる方々への感謝の気持ちを発信しています。そのデザインを担当してくださったのが小野圭介さん。建築学科出身という、デザイナーとしては異色の経歴の持ち主の小野さんが、デザインの道に進まれたのには、どんな背景があったのでしょうか。仕事の魅力やKUMONの60周年ロゴが生まれるまでの道のりについてもうかがいました。

多様な意見を聞くことで
思いもよらぬデザインが生まれる

ランドーアソシエイツで学生アルバイトとして働けるようになったものの、新卒採用の枠はなく、バイトのまま大学を卒業し、しばらくバイトを続けました。就職活動もしませんでした。

「建築系に進めば?」との周囲からの助言にも、この会社でどうしても働きたいという自分の気持ちは揺るぎませんでした。また、ほかのデザイン事務所で働こうにも、美大などで専門的に学んでいないとなかなか採用してもらえないことがわかっていました。それまで何も言わなかった両親からは、さすがに「大丈夫?」と心配されましたが。

やりたかったのはクリエイティブ部門でロゴをつくることでしたが、そもそもバイトとして働き始めたのはマーケティング部門。最初は買い出しや資料収集など、アシスタント的な仕事でしたが、上司に交渉して徐々にクリエイティブのミーティングに同席させてもらったり、自分のアイデアを提案したりして、少しずつやりたい方向に近づいていきました。

やがて、自分のデザイン案が社内コンペを経て、クライアントプレゼンテーションの場にあがるようになりました。そして、ある企業のロゴが正式に採用されるなど実績が出てきて、ようやく正社員に。大学を卒業して半年が経っていました。

そうしてデザイナーとしてさまざまな案件を手がけることになりますが、30歳で独立を決意し会社をやめました。世界的な大企業が顧客の仕事は、やりがいはありましたが、もっと自分でプロジェクトをマネジメントしたいという想いが募ったのです。仕事の保障は何もありませんでしたが、さまざまな人の応援もあり、顧客に恵まれて現在に至っています。

デザインの仕事は、企業の想いを汲み取ることが一番大事とお伝えしましたが、時には、意見や感覚がすれ違うこともあります。そんなときでも、「いろんな考えや感じ方があるんだな」と捉え、「感じ方は人それぞれ」ということを前提にデザインしています。

以前は、感じ方の違いに「なぜ伝わらないのだろう」と悩むこともありましたが、自分の案が「正解」と思い込まずに、いろいろな意見を聞くことで、それが混じり合い、自分一人の発想ではできないデザインに到達することもある、と気づきました。

ロゴが完成し社会に解き放たれたとき、いろんな人の目に触れるので、やはりいろんな感じ方で受け止められます。そこにさまざまな人の考えが折り重なっていると強度が上がり、より長く愛されるのではないかと思っています。

KUMONの60周年ロゴに込めた想いとは?

関連記事

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2017/04/14更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

バックナンバー

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.254
「読み・書き・計算」トレーニングで
脳を活性化!
「川島隆太教授の 脳を鍛える大人のドリル」 発売15周年!
Vol.253
高齢者も学べる公文書写-行政との連携編
高齢者が生き生きと楽しく 豊かな生活を送れる街に ~茅ケ崎市の公文書写教室の取り組み~
Vol.252
KUMONグローバルムービー
世界共通の想いとは? KUMONグローバルムービーが描くもの
Vol.251
療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み
障害のある子たちによりそい 一人ひとりが幸せになるサポートをしたい ~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.048 前編
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
Vol.046
教育心理学者 宮下孝広先生
家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう
Vol.045
英語教育学者 高橋 美由紀先生
英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。