OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/09/11更新

Vol.024 元サッカー日本代表 宮本恒靖さん  後編

好奇心は人生を切り拓く
なりたい自分を思い描き
逆算していまを全力で取り組む

 

宮本 恒靖 (みやもと つねやす)
1977年大阪府生まれ。同志社大学経済学部卒。10歳で本格的にサッカーを始め、1995年ガンバ大阪に入団。2002年日韓大会、2006年ドイツ大会と2度のW杯でキャプテンとして日本代表を牽引した。2011年に現役を引退。引退後の2012年9月よりFIFAマスターに入学、2013年7月末に修了。現在、ガンバ大阪アカデミーのコーチングスタッフとして後進の指導にあたりながら、日本サッカー協会(JFA)国際委員、Jリーグ特任理事などを兼務する。

日本代表キャプテンとして、2002年日韓W杯などの大舞台で華々しい活躍をした元プロサッカー選手の宮本恒靖さん。現役引退後は日本人プロ選手としては初めて、スポーツに関する組織論、歴史、哲学、法律について学ぶ国際修士「FIFAマスター」を卒業し話題となりました。宮本さんはなぜ学び続けるのか?──そこにはサッカーに対する深い愛情がありました。

押しつけではなく子どもたちのアイデアを大事にして指導したい

© Athleteplus

FIFAマスターを終えてからは、どちらかというとオブザーバー的な活動が増えてきました。でも、そこでいま一度、自分の強みを誰にアウトプットできるのか、自分はどういうところにやりがいを感じるのか、ということをフラットに考えてみたんです。結果、もう一度現場に戻ろうと、ガンバ大阪アカデミーでコーチングスタッフの仕事を始めました。現在は中学1年生を教えていますが、身体が動くいまだからこそ、ダイレクトにデモンストレーションできると感じています。おそらく50歳になったときに身体で何かを伝えようとしても、それはなかなか難しいでしょう。

僕が子どもたちを指導するときに気をつけているのは、その選手が持っているアイデアを消さないようにするということ。たとえばプレーを止めてアドバイスをするときも、その動作の根底には何かアイデアがあったはずですから、「どうしてそのプレーを選択したのか?」ということをまずは聞くようにしています。その上で、他のバリエーションも提示します。

押しつけではなく、彼らが持っているオリジナルな部分を尊重しながら指導したい、といつも思っています。自分のことを尊重してくれているということがわかれば、子どもたちはのびのびプレーできますしね。いまはまだ試行錯誤の途中ですが、アドバイスをしたときの子どもたちの表情や発言を見て、自分の教え方が良かったのか悪かったのかを省みるのもまた、自分自身の学びになると思います。

以前、オーストリアの子どもたちと接したとき、彼らが積極的に発言してくることに驚きました。一方で、日本の子どもたちの場合はコーチの言葉を待つことが多い。たとえば「コーチ、これは◯◯ですか?」が日本の子どもたちの発言だとすると、オーストリアの子どもたちは「コーチ、僕は◯◯だと思う」。その積極性はサッカー選手のみならず、必要なことだと思います。実際にフィールドに立てば、監督の意見より自分たちの考えで進めなければならないことがたくさんあるからです。

忙しいときほど大切にしたいこととは?

関連記事

2015/09/04更新

Vol.024 元サッカー日本代表 宮本恒靖さん

好奇心は人生を切り拓く なりたい自分を思い描き 逆算していまを全力で取り組む

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2017/02/03更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2014/02/07更新

Vol.006 プロ野球選手 和田一浩さん

挫折もミスも嫌なことも「夢」を叶えるための大切なプロセス

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.285
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん
ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄
Vol.284
ポーランド共和国に公文式教室開設
ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~
Vol.283
学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま
「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために
Vol.282
くろくまくん絵本10周年
くろくまくんに込められた想いとは?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。