お子さまから大人の方まで、くもんの書写は、選べる4教科
  • ペン習字
  • かきかた
  • 筆ペン
  • 毛筆
無料体験学習受付中!

100人100筆
私と書写のあるくらし

※書写歴は、取材時における年数です。

書写歴6年
Kさん(60代)

書写の素晴らしさは、
心に安らぎを与えてくれることだと思います。

週に一度の教室通いと、毎晩、宿題に取り組む夕食後の書写の時間。文字を書きペン先に集中すると、なんだか穏やかな気持ちになるんです。

同じ「集中する」にしても、スポーツとは少し違うかもしれませんね。数年前から続けているボウリングの場合は、神経を一点に集中させる感じ。書写は文字全体のバランスを考えながら書きますから、視線を配るポイントが違うんでしょうね。それにボウリングは体を動かす楽しさがありますが、それに対して書写は心を落ち着かせてくれる時間。書写の素晴らしさは、心に安らぎを与えてくれることだと思います。

父とまったく同じ字を書くことはできないけど、
父に認めてもらえる字を書けるようになりたい。

約6年もの間、私が一途に文字を書くことに打ち込んでこられたのは、父の存在が大きいと思います。私の父は昔から書くことが好きで、生前は海外の万年筆や筆をたくさん集めていました。品格のある美しい文字を書く人で、私は若い頃から「いつか父のような字を書きたい」とずっと思ってきました。書写教室に通い始めたのも、その思いから。まだまだ納得のいくものが書けず、学べば学ぶほど字を書くことの奥深さを実感する毎日です。だけど、いつか父に「お前の字はお前の字で良いんだよ」と言ってもらえるようになりたい、父とまったく同じ字を書くことはできないけど、父に認めてもらえる字を書けるようになりたい。最近はそう思うようになりました。

書写は、エンドレス!
これからも努力し、継続したいと思います。

フラダンスやヨガなど、これまでいろんな趣味を楽しんできましたが、続くものもあれば、続かないものもありました。だけど、公文書写はこれから先もずっと続けていきたいと思っています。父に認めてもらえる字が書けるようになるまで、書写はエンドレス!父の背中を追いかけ、いつか褒めてもらえる字を書ける日が来るように、これからも努力し、継続したいと思います。

資料請求・お問い合わせはこちらInquiryInquiry

お問い合わせ一覧情報はこちら