施設・学校向け公文式導入事業

児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式

障害があるからこそ子どもの時から「生きる力」を育てたい

児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式 児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式
児童発達支援、放課後等デイサービスでの公文式導入は2014年から始まり、2021年現在、全国で約100の施設と協働しています。 公文式の活用により、子どもたちの“できた”を増やし、成功体験を積み上げていく中で自立を養うサポートをさせていただいています。

サービス内容

施設の利用時間内で公文式教材を学習していただきます。
児童発達支援・放課後等デイサービスのプログラムの中に公文式学習プログラムを提供します
職員の皆さまには、採点や学習状況の観察をしていただき、好ましい変化を見つけて、ほめ、励ましていただきます。
実施方法は、各施設の実情にあわせた内容をご提案します。

導入レポート

つながる療育支援センター

つながる療育支援センター

山形県東根市に2018年12月に開所した「つながる療育支援センター」では未就学児~成人対象の障害福祉サービスの機能がそろっています。
キッズルームチャコ

キッズルームチャコ

千葉市で「放課後等デイサービス」を提供している『キッズルームチャコ』では、障害のある小中高生を対象に公文式学習が導入されています。
べりい・べりいー

べりい・べりいー

療育プログラムとして公文式を導入している児童発達支援・放課後等デイサービス「(株)ラピティ べりい・べりいー・little/ べりい・べりいー・モア」(北海道札幌市)。
説明会・お問い合わせ