施設での導入事例:青雲寮

子どもたちに“選択できる人生”を歩んでほしい

この事例をダウンロードする(PDF)

“基礎学力”と“もっと学びたい”という気持ちが人生を拓く

那覇市より車で30分ほど南下した糸満市に児童養護施設・青雲寮(運営母体は社会福祉法人・袋中園<たいちゅうえん>)はあります。袋中園が運営する児童養護施設には「青雲寮」、地域小規模施設の「ともいき」と「つきかげ」があり(以後、総称して「青雲寮」と表記)、幼児から高校生までのあわせて36人の子どもたちが暮らしています。どの子も、沖縄の自然に溶け込んだように、たくましく育っています。

まず、青雲寮の施設長である山本先生に、施設の状況や子どもたちの将来についてうかがってみました。

続きをよむ

「全国学力テストの結果などでもわかるように、沖縄県は全国的に見ると学力が低い地域ということになります。また、これは全国共通なのでしょうが、児童養護施設の子どもたちの学力は低い傾向にあると思います。しかし、それは施設に入るまで、学習らしい学習をする環境ではなかったためとも考えられます。施設に入ってくる子たちの半数以上は虐待を体験していますし、昼夜逆転で朝昼夕と食べるのさえままならない生活というケースも少なくありません。毎日机に向かうという気力もエネルギーもないような状況だった子が多いのだと思います」。

「ですから、まず“知らないことを学ぶのはオモシロイ”“できなかったことができるようになって楽しい”といった気持ちをもってほしいですし、毎日学習する習慣もつけてほしいのです。この二つがあれば、学力はおのずとアップしていき、基礎学力もつくと思います。基礎学力はとても大切です。自分はだいじょうぶだ、という自信や自己肯定感が育ちますし、進学先や就職先を選ぶとき、学力が不足しているために余儀なく別の道を選ぶということを最小限にできますから」。

「“知らないことをもっと学びたい”“そのために努力しよう”という気持ちがあれば、ここを巣立ち社会に出てからも、立ち止まることなく、自分で考え、選択した道をしっかり歩んでいける人になってくれると思います。前向きに生きていけるとも思っています。いろいろ考えてみて、基礎学力とともに、そういった気持ちを育てるには公文式がもっとも合っていると感じています。公文式はわたしの前の施設長が導入を決めたのですが、まったく同じ想いで導入(算数・数学と国語)されたと聞いています」。

山本先生の言葉を裏づけるように、青雲寮の高校進学率はもちろん100%で、沖縄県立芸術大学へ進む子、手に職をつけたい、資格をとりたいと専門学校を選ぶ子も増えています。さらに、国立の高知大学に進学した子も。みな、志を持ち、一歩一歩しっかりと前へ進んでいます。

山本牧生園長 子どもたちの「社会的自立」を目指し“学習”に注力していらっしゃいます

山本牧生園長
子どもたちの「社会的自立」を目指し
“学習”に注力していらっしゃいます

青雲寮で大切にしている 子どもたちとの4つの約束

青雲寮で大切にしている
子どもたちとの4つの約束

全職員で、施設の子どもたち一人ひとりを観る

つぎは、公文学習のベテラン担当の山城先生に、施設の子どもたちの様子をうかがってみましょう。

「うちの施設では、学校から帰ってきたら、まず学校の宿題、それから公文のプリントという順序で取り組みます。宿題に四苦八苦していた子でも、それが終わるや“ねぇねぇ、くもんちょうだい!”と自分から言ってきますね。もちろん、みんながみんな、そうではありません。施設に入ってきたばかりの子は“えーっ、なんでくもんするの?”と、明らかに拒否反応の子もいます。でも、施設のほとんどの子が、公文学習が生活の一部になっているので、とにかく毎日します。だからでしょうね、公文をいやがっていた子も、ブツブツ何か言いながらも教材に取り組みはじめます。始めはスラスラできるちょうどの学習内容ですしね」。

「そして、それからの変化が興味深いというかうれしいのです。あんなに公文を拒否していて、文句を言っていた子が、教材が先へ進むと“イェーイ、やったぜ!”と満面の笑みで喜んでいるのです。そういう姿を見ていると、できなかったことができるようになったり、知らないことを学ぶのは、子どもにとって本来楽しいことなのだと感じます。うちの施設では、その楽しさをもっと増すために、公文学習をポイント制にして、一定量ポイントが貯まるとごほうびとして外へお出かけに行くんです。もちろん職員といっしょですが、親子で、あるいはきょうだいで遊びに出かけるような楽しい時間になりますね」。

さて、取材で青雲寮にうかがってから、ずっと感じていたこと。それは「青雲寮の職員の方々にチームプレーをしているような一体感」があること。公文学習担当の宮里先生に、そのあたりをうかがってみました。

「この施設では、日替わりの輪番制で幼児担当・児童担当と、各職員が受けもつ子の年齢や学年が変わります。それに加え学習担当というのもあり、学校の宿題や公文の学習を見ます。ですから、全職員がすべての年齢(学年)の子を受けもち、公文学習も担当していることになります。これが一体感のおおもとではないかと思います。月に2回、全職員での会議があるのですが、“Aくんはホントに集中して学習できるようになったね”“そうそう、ぼくもそう思う”と、子どもたちの成長を共有できますから、いっそう一体感が強まる気がします」

なるほど、一体感のヒミツはこれだったのですね。「全職員で、施設の子たち一人ひとりを観ている」といっても過言ではないような気がしました。そして、子どもたちの変化について、宮里先生はこんなことを話してくださいました。

「公文を学習しての効果は、小学生のうちは“通知表の成績が良くなり、子どもたちもわたしたちもうれしい”というレベルですが、中学生になるとよりはっきりと効果が見えてきます。定期テストなどでの数学と国語の点数が上がり、それにともない学年での席次(成績順位)も上がります。これが、子どもたちには大きな自信になり、“くもんやっててよかった!”につながります。また最近では、高校生の子が、下の学年の子の勉強を見たり教えたりという場面も増えましたね。施設のなかで“学習”を大切にしてきた成果のひとつだと思います」

公文式学習に集中して取り組む園の子どもたち

公文式学習に集中して取り組む園の子どもたち

公文式学習の主担当として、イキイキと熱く語ってくださる宮里直樹先生

公文式学習の主担当として、
イキイキと熱く語ってくださる宮里直樹先生

それぞれの夢の実現のために学ぶ子どもたち

施設の子どもたちにもインタビューをしたくなり、何人かの子どもたちに聞いてみました。まずは、学校では「算数と体育が好き」という小学2年生のTくんです。

「算数が好きだよ、計算がクラスでいちばん速いから。国語も好きだけど、本はもっと好きかな。1週間で11冊くらい読むよ。施設でのくもんはもっと好き。プリントがぜんぶ100点だと、もっとやりたくなるよ。大人になったら、くもんの先生かサッカー選手になりたい!」

Tくん、元気いっぱいのコメントをありがとうございました。つぎは、小学5年生のSさん。「学校では家庭科がいちばん好き」という女の子。

「家庭科のほかでは、国語が好きです。算数はふつうかな…。文章を読むのが好きなので、本もよく読みます。学校の図書館で借りて、月に10冊ずつ、年では120冊以上読むと思います。施設で公文をやっているせいか、学校の成績もちょっと良くなったような気がします。裁縫が好きなので、大人になったらアパレル関係の仕事がいいかなと思います。でも、料理も好きなので、パティシエやシェフもいいかな。えーと、動物も好きなのでトリマーもいいな!」。

Sさんの夢はどんどんふくらんでいるようですね。ところで、このSさんの学校の成績のコメントがずいぶんひかえめであることが、学校の通知表を見てわかりました(写真をご参照ください)。

さて最後は、看護師を目指して、看護学校に通う、青雲寮のOBともいえるKくん、19歳です。

「看護師になろうと思ったのは高校2年のときです。高校の先輩たちが就職して県外に行くんですけど、仕事を辞めて沖縄に帰ってくる先輩もいます。でも、沖縄で仕事があるかというと、自分がやりたい仕事というのはなかなかないらしい。それで、いろいろ考えて、何か資格があって人の役に立つ仕事をと思い、看護師を目指すことにしました。人をサポートする仕事ということでは理学療法士や作業療法士といった療法士も考えたのですが、学校に通う期間の長さや奨学金の充実度などを考えて、まずは看護師になって、生活を安定させようと思いました。この施設で、公文を幼児から高校1年までやったおかげで、学校のテストもよくできましたし、看護学校の試験もパスできました。施設の後輩たちに贈りたい言葉は“泣くのは今だけ、後は笑える”ですかね。今のガンバリが、あとになって、きっと自分を支えてくれますから」。

Kくんのコメントを聞いて、その志の高さとしっかりした考えに感服しました。みんな、夢の実現に向けて、これからもたくさんのことを元気いっぱい学んでくださいね。

Sさんの通知表 担任の先生からのエールが嬉しいですね

Sさんの通知表
担任の先生からのエールが嬉しいですね

(2016年7月現在)

この事例をダウンロードする(PDF)

KUMONをより知っていただくためのキーワード

自分で考え、選択した道をしっかり歩んでいける人に

公文式は、解き方を教わるのではなく、自分の力で教材の問題を解く学習法です。「自ら学ぶ力」を大切にしている公文式では、教材を自分で読み、考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。答えを自分で導き出していく力は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていきます。

プリントがぜんぶ100点だと、もっとやりたくなるよ

公文式は、一人ひとりの「学力に応じた学習」 を行う個人別・学力別の学習法です。 らくにできるところを出発点にして学習を始め、常に自分の力にあった教材を自分のペースで解き進めることで、学ぶ楽しさとできる喜びを育みながら学力を高めます。これを公文式では「ちょうどの学習」と呼んでいます。

公文式学習についてくわしくご紹介しています。 公文式の特長~公文式学習とは~ 公文式の特長
~公文式学習とは~

施設での公文式 児童福祉施設

トップ

お問い合わせ 事業開発本部 法人サポート部

導入に関するご質問・ご要望はこちらへ。お気軽にご相談ください。

    • [東京] 03-6836-0036
    • [大阪] 06-4797-8792
    • 9:30~17:30 土日、祝日を除く
資料請求

ご希望の方にはパンフレット・
公文式教材の見本をお送りします。

資料請求フォーム

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。