公文教育研究会
  1. KUMONトップ
  2. 公文式通信学習
  3. よくあるご質問

よくあるご質問

毎月返送しないといけないの?
毎月1回は必ず返送してください。
学習状況を拝見できませんと、学習の進め方の調整や追加の教材をお送りできないからです。
返送は、月1回だけなの?
月2回まではご返送いただけます。
月1回は必ずお送りください。2回目はご希望の場合のみです。ご返送の際には、必ず通信学習連絡帳もお送りください。
通信学習連絡帳は、学習状況を記録していく大切なノートです。
間違いはすぐに直してはいけないの?
直していただいて結構です。
学習効果向上のために、「家庭での解答チェック」をお勧めすることもあります。ご希望の方には、解答書と「家庭チェック方法のご案内」を教材と一緒に貸し出しいたします。
なお、ご家庭で解答チェックをしていただく場合も学習済み教材の返送は毎月していただきます。
教材はどのくらい送ってくれるの?
初回は1.5か月~2か月分の教材をお送りします。ただし、お手元の教材が十分ある場合はお送りしません。
また、逆に教材が足りなくなりそうな時は、至急教材をお送りいたしますのでご連絡ください。
※毎月教材が自動的に送られてくるシステムではありません。
幼児が学習を開始する目安はあるの?
通信学習では、お子さま・保護者の方のご負担を考慮し、効率よく学習を進めていただけるように、下記1)・2)のような学習開始の目安を設けております。
1) 3歳以上であること
2) 下記の3つができること
  ①数が30くらいまで数えられる
  ②ひらがながいくつか読める
  ③10分~15分くらい机に向かうことができる
3歳未満で、上記の2)のような学習開始前の準備が必要なお子さまの場合は、教具などの活用をお勧めします。
また、英語に関しましては、教材が上がるにつれて、国語力が影響してきます。
特に小さなお子さまには、国語と一緒に学習されることをお勧めいたします。
大人も受講できますか?
はい。大人の方も数多く学習されています。約20%が社会人を含めた大人です。(2018年6月現在)
生涯学習や資格取得、仕事の能力向上のため・・・など、大人の方の入会動機は様々です。着実に力をつけておられるのは、時間をうまく見つけて、できるだけ毎日取り組まれている方や、状況により枚数を調整されながらも、毎月定期的にご返送くださっている方などです。
大人の方だけではありませんが、いかに初めて「習慣化」できるかどうかがポイントとなります。
英語の学習はどうやってするのですか?
基本的には算数・数学、国語と同じ教材学習です。
ただし、外国語の学習であるため更にリスニングや発音もしっかり練習いただく必要があります。入会時にご購入いただく専用リスニング機器(E-Pencil)を使い、しっかりとしたリスニング力、発音を身につけていただきます。
1日の学習枚数は決まっているのですか?
決まっていません。
学習される方の学齢や教科、教材レベルにもよりますが、1教科20分~40分という学習時間でこなせる量が一般的です。学習開始当初は易しい内容ですので、1日10枚は楽に学習できますが、高い教材に進んできますと、5枚(~3枚)が一般的になります。ただし、1日の学習枚数はあくまでも目安ですので、個人差があります。
学習中にわからないところが出てきたらどうするのですか?
お気軽に公文式通信(本部)までご連絡ください。
お電話、FAX、メールなど可能な手段でご連絡いただければ本部スタッフが回答いたします。(月~金9:30-17:30祝日・特定休業日は除く)
「解き方がわからない」など現在学習中の教材のご質問のほか、今後の学習の進め方など、いつでもご質問は受け付けています。
途中で通信学習から教室学習に変更することはできますか?
月単位で変更することは可能です。
通信と教室は同じ教材を使用しますが、改めて教室への入会手続が必要です。教室から通信に変更する場合も、同様に別途手続が必要です。
なお、通信は基本的には月1回のやりとりですから、採点結果はすぐにフィードバックできず、毎日の学習管理はご自身(ご家庭)でしていただくことになります。