トップ > 会社概要 > 決算報告

第55期決算のご報告2016年4月1日~2017年3月31日

1. ごあいさつ

KUMONグループは、2008年創立50周年の節目に「NEXT50グランドデザイン」を発表し、「一つひとつの教室発展をゆるぎない活動の軸として、広がりと深まりに挑戦し続ける」ことで、次の50年もKUMONが社会に貢献し続ける存在であり続けたいと宣言いたしました。

現在は「2014-2018中期経営方針」に基づいた活動をKUMONグループ全体で展開し、近年加速させている「知恵の還流」により、教室発展業務をはじめとした様々な業務の標準化・高度化を進めております。また、グローバル企業としての体制整備を進めるとともに、国や地域を横断した多様な人材交流を起点として、日本の実践知と海外の実践知、さらには海外相互間の実践知を還流させることにより、グローバルな規模での業務の標準化・高度化にも積極的に取り組んでおります。

ここで、第55期におけるKUMONグループの状況についてご報告申し上げます。

2016年度のわが国経済は、政府による経済政策や日銀の金融緩和を背景とした企業収益の回復・雇用環境の改善により、緩やかな回復基調で推移しました。

一方、海外においては、新興国の景気減速懸念や英国のEU離脱表明、米国の大統領選挙結果の影響などにより為替相場や株式市況の金融市場が混乱するなど、依然として先行きは不透明な状況で推移しました。

このような状況の中、グループ連結期末決算として、売上高は905億円(前期900億円)、営業利益は125億円(前期118億円)となり、増収増益となりました。営業利益の増加は、主として日本における学習者数の増加によります。

KUMONグループ全体の期末学習者数は、435万4千名(前期比7万5千名増)の伸びを記録しています。内訳として国内の全教科合計学習者数は155万3千名、海外学習者数が280万1千名となり、国内・海外ともに前期を上回っています。

国内の公文式教室の算数・数学、英語、国語合計の期末学習者数が143万名となり、期末としては2002年度以降で最高の実績を記録しました。民間教育に対するニーズが時代とともに変化し、多様化する中、それぞれの家庭が置かれている地域の状況をよく知り、保護者が公文式教育に期待することをしっかり受け止めて的確にお応えしていく細やかな活動を全社あげて進めてきたことが高実績の要因となっております。その結果、会員数では、今から18年前の水準に迫る高い実績につながりました。18年前の全国児童数が754万名であるのに対し、現在の児童数は637万名であり、15%以上減少している中での成果に手ごたえを感じながらも、今後少子化が進行する時代にあっても、KUMONが地域の中で選ばれる状態になるためにさらなる商品価値(学習効果)の向上に取り組んでまいる所存です。

併せてグループ会社の状況についてご報告いたします。

2016年度に20周年を迎えた公文エルアイエルの3月度学習者数は9万4千名(前期比107.1%)と大きく伸び、過去最高を更新し続けています。KUMONらしい自学自習精神あふれる書写学習の実現を目指して活動を展開しております。

また、10年間で30%のマーケットが喪失する逆風の出版業界において、くもん出版の2016年度売上高は43億5千万円(前期比8千万円増)となっております。顧客・子どもに向き合い学ぶ姿勢を基盤に、より良い商品を作り出し、社員自ら価値伝達活動を続けてきたことが堅調な実績につながっております。

近未来に目を向けますと、グローバリゼーションの加速とその反動から来る保護主義の台頭、AIの急速な浸透による更なる技術革新の波、日本における人口構造の大きな変化や2020年の教育改革などの例を挙げるまでもなく、わたしたちを取り巻く環境が加速度的に変化しております。環境の変化が激しくなればなるほど、人間には、未知の状況に対して知恵を総動員して主体的に判断し、自ら状況を打開し、切り拓いていく力がますます求められるようになるでしょう。

KUMONは基礎学力をつけながら自学自習力をゆるぎないレベルまで高める長年の教育実践を通して、「自分がどうあるべきかを自ら考え、判断し、行動する力」を身につけ、世界、社会をリードするグローバル人材を多数輩出してまいりました。こうした半世紀をこえる教育実践と成果によって、KUMONは世界で有数の責任ある教育団体として注目されるようになっており、だからこそ、わたしたちには公文式教育の価値を更に磨き続ける社会的な責任があると考えます。

KUMONは、これからも、先進国、途上国を問わず、世界のあらゆる人々に公文式教育を活用してもらい、「健全にして有能な人材の育成をはかり地球社会に貢献する(「公文の理念」より)」教育事業活動に邁進してまいります。

株式会社 公文教育研究会
代表取締役社長 池上秀徳

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。