トップ > 会社概要 > 2016年度KUMONの環境への取り組み > 環境コミュニケーション

環境コミュニケーション

研究大会で環境経営について展示

公文教育研究会は、国内の指導者向けに公文指導者研究大会を毎年1回実施しています。2016年度は2月12日にパシフィコ横浜で開催し、2,800名が参加しました。

この中で、KUMONグループが支援しているWWFジャパンの森林保全プロジェクトの活動について展示を行い、森林保全の重要性について、社員および指導者で理解を深めました。

環境関連図書の刊行

2016年11月に気象学をテーマとした「見えない大気を見る ―身近な天気から、未来の気候まで―」がくもん出版から刊行されました。

「雲はどうしてできるの?」「雨はどこからやってくるの?」「ヒートアイランド現象はなぜ起きるの?」このような気象の疑問に実験や観測、シミュレーション研究を紹介しながら分かりやすく答えていく内容となっています。

身近な気象現象から人間の活動に起因する環境変化についても解き明かし、子どもたちの興味・関心を高めることにつながる科学読み物です。

環境レポートによる情報公開

KUMONグループは、2013年度より、環境理念・環境方針とともに、環境レポートをWebに掲載し、KUMONグループで行っている環境保全活動や環境データ(電気使用量・CO2排出量・紙使用量・古紙リサイクル量)の情報を公開しています。

社員への環境教育

KUMONグループは、全社員を対象に、環境に対する意識向上と理解を深めるために環境教育を実施しています。

2016年度も、新任管理職研修等、eラーニングによる環境教育を実施し、地球環境問題、環境経営、環境法に関する内容を社員に対して啓発しました。

また、オフィスに環境意識を高めるポスターや環境データを掲示するなど、各グループ会社において年々環境への意識が高まっています。社員同士が環境について学びあい、共有しあう場が広がっています。

環境ニュースの配信

KUMONグループは、年4回「KUMON Green News Quarterly」を、各グループ会社に日英二か国語で配信しています。

「KUMON Green News Quarterly」では、四半期ごとの地域別環境データを掲載するとともに、各グループ会社から環境活動を報告してもらい、 KUMONグループ全体で情報を共有しています。

また、グループ会社によっては社員向けに環境ニュースを配信するなど、環境コミュニケーションを積極的に行っています。

北米、南米、アジア・オセアニア、中国、
ヨーロッパ・アフリカ、日本の環境活動

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。