くもんの先生募集

お電話でのご質問・ご相談
0120-834-414
午前9時30分~午後5時30分(土日、祝日は受け付けておりません)

口コミQ&A

子どもが小さいのですが、先生ってやれるのでしょうか?

現在、6歳の娘と3歳の息子がいます。
くもんの先生に興味があるのですが、子どもの世話と両立できるか不安です。
子どもが小さいうちはやめておいたほうがいいのでしょうか??

そんな悩みに先輩先生が答えます!

Kさん(42歳女性 兵庫県)

自分の子どもも他の子どもたちと一緒に教室で学習させている先生もいるようですよ。
お子さんが小さい時は教室を少し早めに閉めるようにされてもいいのではないでしょうか。わが子の成長と共に教室を閉める時間も少しずつ伸ばされてはどうでしょうか。

Fさん(52歳女性 神奈川県)

逆に適齢期だと思います。
教室のお母さんから学ぶことも多く、こんなお母さんになりたいなと思える先輩お母さんとも知り合えました。
客観的にたくさんの子どもたちを見ることが出来て、わが子のためにも良かったです。子育て真っ只中の時期の方ががんばれる気がします。
病気のときは少し困りますが、得るものの方が多かったです。子どもも高校生くらいになると、私の仕事を応援してくれています。

Mさん(48歳女性 静岡県)

ご自分のお子さまが幼いころは母親が職業を持つことは確かに大変ですね。くもんの先生は幸い週に2回、時間も午後から5時間くらいのお仕事です。
その日だけはどなたかにお子さまを託し、くもんの先生として頑張っていただく時間が必要になると思います。
しかし、子どもが大きくなるのは思っているよりもはやく、何よりも母親が働きだすと子どもはしっかりしてきて、さらにはこんなことも一人で出来るんだね~と親の方が驚くこともあります。きっとお母様の働く姿は子どもによい影響を与えると思います。

Tさん(39歳女性 宮崎県)

私は子どもが小2で始めました。
教室と自宅が近いこともあるので、子どもは帰宅後、教室で学習をして、教室の終了後に一緒に帰宅しています。

Kさん(36歳女性 東京都)

最初はぐずって大変なこともありましたが、子どもが教室で学習していたので、私の“先生”としての後ろ姿を見るにつれ「今はわがままを言ってもむりなんだ」と理解してくれたようです。
そんな子どもの成長も感じられるようになりました。

詳しくは説明会で

さらに詳しい内容は説明会にてお伝えします。
お気軽にお越しください!(2時間程度)

  • 全国各地で開催しています
  • 無理な勧誘や面接・テストなどはありません
近くの説明会を探す お電話でのご質問・ご相談 0120-834-414 午前9時30分~午後5時30分(土日、祝日は受け付けておりません)

説明会の内容は?

教室を引き継ぐというスタイルもあります。お近くに教室がある場合も、今ある教室を、引継いで先生になることができます。

KUMONでは今まで指導されていた先生がやむを得ず勇退される際に、今ある教室を引継いで指導してくださる後任者を募集しています。

教室の引き継ぎについて詳しくみる
© 2016 Kumon Institute of Education Co., Ltd. All Rights Reserved.