トップ > KUMONメディアルーム > KUMONの教室 > 「親も!子も!やっててよかった、公文式!」 CMで初の親子共演!

プレスリリース

「親も!子も!やっててよかった、公文式!」 CMで初の親子共演!

2017年1月20日 (金)

KUMONの教室

~「KUMON」新TV-CM~
「親も!子も!やっててよかった、公文式!」CMで初の親子共演!
親子で狂言師の野村萬斎さん、長男の裕基さん実は親子で公文式OBです。

「KUMONの英語とは」編ほか3編
2017年2月1日(水)から全国オンエア開始!

公文教育研究会(代表取締役社長:池上秀徳)は、2014年から起用しているイメージキャラクターの野村萬斎さんとともに、長男の裕基さんを新たにイメージキャラクターに起用します。親子共演の新TV-CM「KUMONの英語とは」編、「高く跳ぶために」編、「子どもの成長」編(各15秒・30秒)、「父も子も」編(60秒)の4タイトルを、2017年2月1日(土)から全国でオンエア開始します。

■野村裕基さんを起用しての親子共演について

2014年からKUMONのイメージキャラクターで、ご自身も公文式OBの野村萬斎さん。お子さまたちも公文式教室で学んでいました。この度、長男で狂言師の野村裕基さんもイメージキャラクターとして起用、親子の共演を通じてKUMONの価値と魅力を伝えるとともに、“親も!子も!やっててよかった、公文式!”というメッセージを全国のご家庭へお届けします。
公文式学習法が誕生して半世紀以上。萬斎さんと裕基さんのように親子二代で公文式教室で学んだ方も増えています。「やればできる」という自己肯定感と自ら学ぶ力を育む公文式学習法は不変。「やっててよかった公文式を、わが子にも」。そんな声がますます広がってほしいと願っています。

■4つのCMの内容

さわやかな“KUMONブルー”の衣装に身を包んだふたり。裕基さんはあざやかな白い水玉模様のオリジナル装束で登場します。おふたりの声とアクションが中心の4作品となります。
最大の見どころは萬斎さんと裕基さんの掛け合い。親子の息の合った美しい所作や力強い語りにぜひご期待ください。

「KUMONの英語とは」編
萬斎さんと裕基さんが息の合った掛け合いで「KUMONの英語」を紹介します。
高らかな笑いなど狂言の「型」を活かした、楽しく強烈なインパクトのCMです。

「高く跳ぶために」編
KUMONのプリント教材をバックに堂々たる動きで魅せるふたりのカットからスタート。
先々の学びで高く跳べるために、まず読み書きの土台を固めることの大切さを伝えます。

「子どもの成長」編
狂言の師として、一人の父親として、裕基さんの頼もしい成長を見守る萬斎さん。自分のペースでどこまでも伸びていく。それこそがKUMONで得られる学びです。

「父も子も」編
“やっててよかった、公文式!”。その“よかった”を萬斎さん、裕基さんの狂言アクションを交えながら楽しく伝えていく、60秒のCMです。

プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。