KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/06/24更新

Vol.042 くもん出版の辞書づくり  

辞書づくりも
子どもから学ぶ
くもん出版の辞書の大切にするもの

くもん出版の辞書には、他社の辞書にはない工夫や特長があります。その工夫や特長をひも解くと、「KUMONがどんな子どもたちに育ってほしいと考えているか」がわかっていただけると思います。

「辞書が出せるような一人前の出版社になりたい」


くもんの学習小学国語辞典

くもん出版から子ども向けの辞書『くもんの学習小学国語辞典』の初版が刊行されたのは1988年。KUMONの創立30周年の年であり、「くもん出版」が会社として独立した年でもありました。出版社にとって“辞書を出す”ということは、大きな目標であり悲願のようなもの。創立30周年のこの機会に辞書を刊行し「一人前の出版社に」と刊行が決定しました。

現在では当たり前となった「総振りルビ」(ふりがな)ですが、くもん出版の辞書は初版からすべての漢字にルビをふっていました。しかも、それまでの辞書といえば、漢字の後にカッコ書きでルビが書かれていましたが、漢字のすぐ横にルビを振る「振りルビ」にしたのは、当時の印刷技術としては画期的なことでした。それは、「ひらがなさえ読めれば小さい子どもでも、ひとりで辞書をひいて学習を進められるように」という、公文式の「自学自習」の考え方が生きているからです。

また、一番最近の2011年の第4版への改訂では、表紙を紙製から、より柔らかな樹脂製にして子どもが扱いやすくしたり、言葉は1000語増えても第3版より軽量化させたりしました。また紙の色も「クリーム色がかったものは古めかしく見えるので、真っ白の方がいい」という子どもたちの意見を取り入れて紙質を改良するなど、「子ども」を主語にした改訂を重ねています。

たくさんの言葉を載せることより、子どもにとって必要な言葉をしっかりと例文で示す

一般的な辞書では見出し語のすぐ後に「意味」があり、その後に「例文」が続きますが、くもん出版の辞書は「例文」が先に出てきます。「意味よりも先に例文を」は、初版から貫いてきたポリシーです。経験や体験、言葉の蓄積が少ない子どもにとって、意味を説明する言葉そのものが難しかったり、意味が概念的で具体的なイメージがわかないことがあります。

たとえば「舌打ちをする」の意味は「舌を上あごに当てて鳴らすこと」。これではピンとこなくても、「くじにはずれて『ちぇっ』と思わず舌打ちしてしまった」という例文を読めば、使う場面やニュアンスが伝わってきて、より深く理解することができます。一般的な辞書では1行で終わるような例文も、多いときは3~5行も使ってよりいろいろな例文を示しているのは、使う側の子どもの立場で考えた結果なのです。

ふせんを貼ることからヒントを得たシールブック シールを貼ることで辞書の使い方を楽しく習得してほしい


くもんの辞書引きれんしゅう シールブック

サイズや段組みを変えるなどした『くもんの辞書引きれんしゅう シールブック』の試作品

2014年1月に新たに刊行された『くもんの辞書引きれんしゅうシールブック』は、辞書を使う子どもたちの様子を見て生まれたものです。「さし絵」「意味」「見出し語」がランダムに空欄になっており、当てはまるシールをシールシートから探して貼っていきます。「シールを貼る」という行為を通して国語辞典の仕組みや使い方、おもしろさを体験できる、幼児・児童(小学校低学年)向け学習教材となっています。

このシールブックの企画が生まれたのは、担当者が、調べた言葉にふせんを貼る「辞書引き学習」の現場を訪れたときのこと。子どもたちが100枚、200枚とふせんを貼りながら嬉々として学習している様子を見て、「ふせんを貼るというのは、シールを貼る感覚に近いのでは」と感じたのです。ちょうど何か楽しい仕掛けを用いて「プレ辞書引き教材」を開発したいと考えていた開発担当者は、「シール貼り」を取り入れたお手製のサンプルをつくって、さっそく子どもたちにモニターをしてもらいました。すると、「今日はこれで終わりです」と言っても、どの子もやり続けるほど大好評。そして、実際の出版へとつながったのです。

今、世の中の流れは速く、新しい言葉がどんどん生まれます。辞書も、イラストひとつとっても、「テレビ」が分厚いブラウン管タイプだったものが液晶の薄型になるなど、「もの」の変化と「言葉」の変化に応じた改訂が必要になります。辞書は1冊購入したら終わりでなく、なるべく新しいものを定期的に買い換えて欲しいものです。また、言葉を調べるだけでなく、前後にある言葉や例文、欄外のクイズを読んでみるなど、「読み物」としても辞書に親しみ、言葉の感覚を磨いていって欲しい―。くもん出版の辞書には作り手のさまざまな願いが込められています。

公文式教材が「子どもから学ぶ」の精神で子どもたちの様子を観察しながら改訂を重ねているのと同様、くもん出版も、子どもたちの目線にたったものづくりをこれからも目指していきます。

関連リンク
くもんの学習小学国語辞典

null 書籍や知育玩具を通して、子どもの可能性を引き出す。
書籍・知育玩具
子どもたちの学ぶ力を引き出す出版物や教育関連商品を扱う、くもん出版をご紹介。
詳細をみる

 

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 後編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。