教室

  • 週に1回しか通えなくても、大丈夫でしょうか?

    公文式では週2回の教室学習を基本としています。

    学習する習慣が身につきやすく、また、お子さまの学習状態を先生が細かく把握することで、より適切な指導ができると考えているからです。
    どうしてもご都合がつかない場合は、お子さまのペースにあった学習方法を一緒に考えさせていただきますので、先生にご相談ください。

    ※月会費(月謝)については、週1回学習の場合でも週2回学習と同じ金額となります。

  • 教室に行く時間は決まっているのですか?

    多くの教室では、決まった来室時間は設けていません。
    ご都合にあわせて、教室が開いている時間内にお越しいただき、その日の学習に取り組みます。

    ただし来室時間を決めさせていただいている教室も一部ありますので、先生にご相談ください。

  • 教室での学習の流れを教えてください。

    その日の教材がすべて100点になったら、宿題を受け取って帰ります。

    1. 宿題を提出する
    2. 当日分の教材を受け取る
    3. 教材を学習する
    4. 教材を提出し、採点してもらう
    5. 間違いを訂正し、100点にする
    6. 次回までの宿題を持って帰る
  • 1日の学習時間はどのくらいですか?

    お子さまの当日の学習内容や学習状態によって異なりますが、入会された初めのうちは、お子さまが「やさしい。かんたん」と、自分の力だけで短時間で一気に学習できるところを学習しますので、1教科の目安としては長くて30分程度です。気になることがありましたら先生にご相談ください。

  • 2教科以上学習する場合、違う日に通うのですか?

    2教科以上学習される場合も、教室に通うのは週2回です。
    このため、教室での学習時間は1教科だけの場合に比べて長くなります。

  • 帰宅時間が早い日と遅い日があるのは、なぜですか?

    公文式では、決まった時間の授業があるわけではありません。

    渡された教材を全部100点にするまでが、その日の学習です。間違いがあったら、自分で見直して訂正し、100点にします。ですから、終わる時間はその日によって差があります。

    お子さまが早く帰ってきたら「きょうは早く100点にできたんだね!」、いつもより遅かったら「粘り強くがんばったんだね!」と、ぜひほめてあげてください。
    帰宅時刻があまりに遅いなど、気になることがありましたら先生にご相談ください。

その他の相談を見る

一覧に戻る