学習

  • 何歳から入会できますか?

    公文式学習に、年齢制限はありません。

    「まだ早いかも?」と思われる小さなお子さまでも、遊び感覚で「ことば」「かず」を身につけていくことができます。また苦手なところにさかのぼって学習したい中学生・高校生の方や、自分のペースで学びを深めたい社会人の方も、「ちょうど」のレベルを学習していただける教材構成になっています。

    いつからでも始められるのが公文式です。ただし教室によって受け入れ年齢が異なりますので、詳しくは教室までお問い合わせください。

  • 入会後、会費(月謝)はいくらですか?

    対象教科:算数・数学、英語、国語
    生徒一人あたり1教科の月会費(月謝)

    対象 1教科/月額会費
    東京都・神奈川県に所在する教室 左記以外の地域に所在する教室
    幼児・小学生 7,560円 7,020円
    中学生 8,640円 8,100円
    高校生以上 9,720円 9,180円

    ※消費税・教材費を含みます。

    ●入会金は不要です。
    ●別途、冷暖房費を申し受ける場合があります。
    ●通信学習(日本国内)の場合は、学習教科数にかかわらず、郵送費(通信費)として別途1,080円(月額・消費税を含む)が必要です。
    ●教材の学習に直結した公文式の教具、文房具など、会員価格で購入していただくことができます。
    ●また英語学習開始時には、専用リスニング機器「E-Pencil」6,480円(税込)をご購入いただきます。
    「イー・ペンシル購入サイト」(ウェブサイト)で購入いただけます。
    イー・ペンシル購入サイト
    ウェブサイトで購入いただけない場合は、先生にご相談ください。

    ※上記の教科の他にドイツ語、フランス語、日本語、書写を開設している教室もあります。

  • どの教科から始めるのがいいのでしょうか?

    算数(数学)・英語・国語の3教科で、1教科から自由に選んでいただけます。

    苦手な教科を克服するために学習を始めるお子さま、得意な教科をさらに伸ばし、自信をつけていくお子さま、どちらも多くいらっしゃいます。幼児さんの場合であれば、まず国語から始めることをおすすめしています。国語学習を通じてたくさんの言葉を獲得し、ものごとの理解力を深めることで、算数や英語の学習もスムーズに進むことが多いためです。

    教科に迷われている場合は、先生へご相談ください。

  • 子どもがほかの教科もやりたいと言うのですが…

    複数教科を学習することの長所は、バランスのとれた幅のある学習ができることと、お子さまのモチベーションを保ちやすいことがあげられます。

    1教科だけだと気分が乗らない時でも、複数教科を学習していると、好きな教科から始め、その勢いで苦手な教科もスムーズに学習できた、というように、自分でペースを作りながら学習していけることが多いようです。

    お子さま自身がやりたいと言っているなら、「自分で学習のペースを整える」ことに挑戦する絶好のチャンス!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • 学年を越えると、どんないいことがありますか?

    公文式が大切にしているのは、お子さま一人ひとりが学力にあった「ちょうど」の内容と分量を学習する、ということです。
    学習する内容は、年齢や学年でなくその時のお子さまの状態によって決まるため、学年にとらわれず先の内容まで進んでいくこともできます。

    学年を越えた学習をしていくと、「学力の貯金」ができ、中学や高校に進んでも余裕をもって授業を受けることができるため、将来の選択肢も広がります。
    また、学校で習っていない内容を「教わる」のではなく「自分から学び取る」という経験は、学力だけでなく、粘り強く取り組む力、未知のことにも挑戦する力、やり抜く力を育みます。

  • 学習内容が教科書と違いますが、なぜですか?

    公文式学習の目標は、「自学自習で高校教材」に到達することです。

    高校生になった時に、勉強でつまずき、将来の選択肢を狭めてほしくない…。そんな思いから、できるだけ早く基礎学力を高め、高校教材に到達できるように、より大切なものに絞り込んだカリキュラムになっています。
    目標をめざして「何をやるか」のではなく「何をやらないか」を考え抜いて作られているのが、公文式教材なのです。

その他の相談を見る

一覧に戻る