算数・数学の学習のヒント

KUMONの算数・数学を自分で解き進める上で「例題」と「間違えてしまった問題」を大切にしています。その理由についてご紹介します。

■例題をとことん活用しよう

KUMONで学習を続けていると、学校でまだ習っていない内容に進むことがあります。
新しい内容に進むときに役に立つのが、「例題」です。この例題を上手に活用することで、教えられなくても自分の力で問題を解けるようになっていきます。

 

では、教材に例題が出てきたときは以下の(1)~(3)を試してみてください。

1)例題をよく読む
2)くり返し読んでも分からないときは、例題を何度か書き写す
3)それでも分からないときは、先生に質問する

 

例題を見て、自分の力で新しい内容の問題を解けるようになると、勉強が楽しくなってきます。例題をすべてノートに書き写し、「例題ノート」として整理しておくのもおすすめです。

■正しい訂正の方法を身につけて、思考力を鍛えよう

間違えた問題を自分の力で直し、100点に仕上げてから次のステップに進むのが公文式学習です。
訂正の際「どこを、どう間違えたのか」を確認しながら進めることがとても大切です。教室では、次の(1)~(3)の手順で行うようにお伝えしています。

 

1)いきなり間違いを消さず、自分の書いた答えをよく見る
2)計算をやり直し、どこで間違えたかを確認する
3)間違えた部分だけを消して、正しい答えを書く

 

こうして自分の考えをふり返り、間違いを確認しながら進んでいくことで、考える力が身についてきます。

 

ただ、自分一人ではどうしてもわからない場合は、先生が解き方のヒントをアドバイスしますので、ご安心ください。