くもんの先生ってどんな人?

教室に通われている保護者の皆さんからみた「くもんの先生」についてのお声をご紹介します。

■親子ともに成長させてくれる存在

子どもと一緒に親を成長させてくれる存在です。育児の先輩として、たくさんの子どもたちを見てきた先生として、相談に乗っていただける人がいるというのは本当に心強いです。
(年少、年中 保護者)

客観的に子どもの学習をサポートしてくれると思います。親だと子どものできないところばかりに目がいきがちですが、先生はちゃんとできるところはほめ、できないところは理解できるようサポートしてくださいます。
(年長 保護者)

親子ともに自信をもたせてくれる存在です。幼稚園や学校のことで、親子で落ち込んでいるとき、くもんの先生に会うとたくさんほめてくださるので元気をもらえました。
日々のささいな会話にきちんと耳を傾けてくれていることも感じます。週2回の学習日ですが、何年も接してくれているので子どもの性格もよく把握してくれています。アドバイスももらえるので、とても心強く信頼してます。
(小1 保護者)

■先生の言葉が子どもの励みになっている!

小さなことですが、「読むのが早くなったね」とか「ちゃんと数えられてえらいね」とか、子どもたちにわかりやすい言葉でほめてくれるのがうれしいみたいです。
先生にかけてもらえる言葉は特別なようで、子どもたちも素直に聞くし、励みにもなるようです。
(小3 保護者)

算数の問題の解き方や筆算の書き方について、私が子どもにアドバイスしてもあまり聞き入れませんでした。いつのまにかできるようになっていたので聞いてみると「先生にヒントをもらったから」ということがありました。先生のアドバイスは素直に聞くようです。
(小2 保護者)

常に子どもの心の支えになっています。先生の言葉が勉強する姿勢や努力の継続のエンジンになっています。
(小1 保護者)