• TOEFL
  • くもん さっぷりん
  • ポイント交換
  • ケイパブル
  • TOEFL
  • くもん さっぷりん
  • ポイント交換
  • ケイパブル
重要なお知らせ

KUMONを知る

先輩ママボイス

KUMON相談室

  • ポイント制度について教えてください

    公文式学習を続けるとポイントがたまり、そのポイント数に応じて賞品と交換できます。
    対象となる教科は算数・数学、英語、国語、フランス語、ドイツ語です。
    1教科を1か月間学習すると、1ポイント加算されます。休会された場合は、ポイントは加算されません。

    詳しくは、くもん友の会制度をご覧ください。
    くもん友の会制度

    お問い合わせ先
    ■くもん友の会事務局
    ナビダイヤル
    0570-073-666(有料)
    9:30~17:30 月~金(祝日除く)

  • 宿題をするときに、親として心がけることは?

    一番大切なことは、お子さまの日々のがんばりを認め、ほめ、励ましてあげることです。そのうえで3つ、心がけていただきたいことをお伝えします。

    1. まとめて学習するのではなく、なるべく毎日学習すること
    2. お子さまがわからないと質問してきたら、解き方を教えるのではなくそのまま教室に持っていって、先生にわからなかったと伝えるように促してあげること
    3. 解くのにかかった時間をはかって記入すること

    これらのことは、指導者がお子さまの力を把握するうえで大切な情報になります。
    そして、さらに次の成長へとつなげるためのポイントでもあります。

  • 学習内容が教科書と違いますが、なぜですか?

    公文式学習の目標は、「自学自習で高校教材」に到達することです。

    高校生になった時に、勉強でつまずき、将来の選択肢を狭めてほしくない…。そんな思いから、できるだけ早く基礎学力を高め、高校教材に到達できるように、より大切なものに絞り込んだカリキュラムになっています。
    目標をめざして「何をやるか」のではなく「何をやらないか」を考え抜いて作られているのが、公文式教材なのです。

  • なかなか宿題をしようとしません。対策はありますか?

    学習習慣をつけるために、ご家庭でお子さまと一緒に、毎日の学習時間(くもんタイム)を決めることをおすすめします。

    一日の生活の中にくもんタイムを取り入れることで、お子さまも意識するようになります。<>その際にご利用いただける「くもんの宿題応援機能(くもん さっぷりん)」や、各ご家庭での工夫をご紹介します。

    「くもん さっぷりん」を見る

他の相談を見る

お知らせ

一覧を見る