企業での導入事例:守口研修センター

外国人技能実習生の日本語学習を支える公文式

この事例をダウンロードする(PDF)

プログラムが充実している全寮制の守口研修センター

「外国人技能実習制度」をご存じでしょうか。これは、外国からやってきた実習生が、最長3年間企業に勤めながら、日本の産業や職業の技術・知識を修得する制度です。2016年には対象の職種に「介護」「家事」が加わることが検討されるなど、ますます実習生の増加が見込まれています。それにともない、守口研修センターのような、日本語の習得をはかる研修施設の需要も高まっています。

大阪府守口市にある守口研修センターでは、実習生が受け入れ先の企業で円滑に実務に取り組めるよう、プログラムを充実させています。日本語の習得だけでなく、生活習慣やマナー研修などのコンテンツも整備。全寮制による24時間体制で、実習生をきめ細かく指導しています。

さっそく、同施設の高橋センター長にお話をうかがっていきましょう。

続きをよむ

受け入れ時期はさまざま少人数クラスでも必然的に生じる
日本語能力差の課題を解決してくれた公文式

高橋センター長

高橋センター長

日本語学習に公文式を導入されているそうですが、その理由は何でしょうか?

「外国人技能実習生の日本語レベルは一様ではありません。たとえ3名程度の少人数であっても入国ごとにクラス編成をして指導してきましたが、教える側からするとすぐに個々人の日本語能力差の壁に突き当たりました。文法積み上げ式のカリキュラムでは、おしなべて生徒を伸ばし、学習に集中させるように指導したくても、その限界を感じていました。これは私たちにとっても大きな壁(課題)でした。

そんな時、日本語能力差に対応できる公文式に巡り合いました。個人別に学習する公文式の日本語教材を導入することによって、一人ひとりのレベルにあわせて学習ができるため、ようやくこの課題を解決することができました。

また1ヵ月という短期の講習で実習生の受け入れ先企業様に納得していただくためには、「話す」「聞く」を中心にすえた「日本語会話」に結びつけるトレーニングも欠かせません。

公文式による「基礎力を養う講習」をカリキュラムに導入することができ、公文式と日本語会話のクラスを両輪にした授業運営が実現しました。これにより、実習生の日本語能力は一層の伸びをみせています。公文式の日本語教材の個人別学習と、日本語会話の全体授業の組み合わせが、とてもうまく回っています」。

実習生個々の特性を企業にフィードバックできるように

実際、実習生にはどのような変化がありましたか?

「あるあがり症の中国人実習生がいたのですが、公文式の日本語教材を一生懸命音読しながら取り組むことにより、自信に満ちあふれた表情で“日本語が上手くなった”と言ってくれました。日本語会話のクラスだけでは、落ちこぼれてしまっていたかもしれない実習生が、上達を実感してくれてうれしかったですね」。

音読確認のようす

音読確認のようす

スタッフ側にも変化がありました。

「公文式の日本語教材を導入することによって、担当日本語講師、生活指導員のみならず、他のスタッフも、実習生一人ひとりの状況が把握できるようになり、実習生個人の特性や性格、仕事に対する向き・不向きが報告できるようになりました。このフィードバックは監理団体(企業)からも満足度が高いですね」。

技能実習生の日本語能力向上を目標に指導体制の工夫を図る

実習生の能力向上に並々ならぬ熱意を注いでいる高橋センター長。工夫されている点をおうかがいしました。

「まずは教材のテキスト化です。音読チェック前に、文章にある特定の「品詞」にマーカーを引かせる等、「振り返り」を意識した「学習をムダにしない工夫」をさせ、自分のための参考書になるよう指導しています。また、音読チェックも重要です。正しく適正なスピードで音読することはもちろん、内容を日本語で口述・表現させ、理解度のチェックをしています。

公文式日本語教材

公文式日本語教材

当センターでは、3年間の実習期間中に日本語能力試験N3あるいはN2までとってほしいと考えており、そのための学習の習慣づけ、モチベーションアップを図っています。

公文式も講習期間の1ヵ月で600枚(3教材)進むことを目指しており、そのための指導体制を進化させてきました。採点人員や音読確認をする講師の充実が鍵となってくるため、採点には、精神障害者の就業訓練センターや地域の大学生アルバイトを活用するなどして工夫しています。また、レイアウトを、同じ方向を向いたスクール形式から、レベルごとの島形式に配置変えしたところ、個々の指導が行き届きやすくなりました。

日本語に限らず、他の研修も、受け入れる日本の会社側が何を求めているかを考え、ビジネスマナーや会社に入ることの心構え(“報・連・相”など)もしっかり身につけてほしいと、講習内容をコンテンツ化しています。今後も、よりよい研修プログラム整備に日々努力していきたいと考えています」。

レベルごとの学習風景

レベルごとの学習風景

(2015年8月現在)

この事例をダウンロードする(PDF)

KUMONをより知っていただくためのキーワード

個人別に学習

公文式は、一人ひとりの「学力に応じた学習」 を行う個人別・学力別の学習法です。 らくにできるところを出発点にして学習を始め、常に自分の力にあった教材を自分のペースで解き進めることで、学ぶ楽しさとできる喜びを育みながら学力を高めます。

一斉授業との違いは? 公文式学習についてくわしくご紹介しています。 公文式の特長~公文式学習とは~ 公文式の特長
~公文式学習とは~

公文式の日本語教材

公文式の教材は、すべての教材がやさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。外国人向けの日本語教材(外国語教材)も同じ考え方で、単語や文のリスニング・復唱から始まって基本的な文法の習得し、長文読解学習に進み、豊富な語彙と高度な読解力を養成します。

外国語教材とは? 公文式の教材についてくわしくご紹介しています。 KUMONの教材 KUMONの教材

企業での公文式 外国人のための日本語

トップ

お問い合わせ 事業開発本部 日本語チーム

導入に関するご質問・ご要望はこちらへ。お気軽にご相談ください。

    • 0120-494-625
    • 9:30~17:30 土日、祝日を除く
    • ※英語・ポルトガル語・中国語で対応いたします。
資料請求

ご希望の方にはパンフレット・
公文式教材の見本をお送りします。

資料請求フォーム

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。