外部パートナーとの環境保全

KUMON森の基金

KUMONグループは、これまでも様々な環境団体へ寄付を行ってきましたが、2014年にKUMON森の基金を設立し、環境保全活動を行う団体に対する支援を継続的に実施できる制度を構築しました。

KUMONグループでは、教材などで非常に多くの紙を使用しています。そのため、「紙資源をむだに使用しないこと」を環境に関する重要な課題の1つとし、これまで環境配慮紙の使用や古紙をリサイクルする活動を社員一丸となって行ってきました。

今後は、自らの環境負荷の削減に努めるとともに、KUMON森の基金によって、外部パートナーとともに森林資源を守る活動を推進することで、地球環境の保全と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

WWFジャパンの森林保全活動への支援

KUMONグループはKUMON森の基金によって、世界100カ国以上で活動する地球環境保全団体であるWWFネットワークの一員であるWWFジャパンを2014年より支援しています。

WWFは1961年にスイスで設立されました。地球上の生物多様性を守ることと、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を減らすことを柱に活動しています。そのひとつが森林保全です。

WWFジャパンは、希少種の調査保全や植林による森林再生などの現地フィールドにおける直接的な活動に加え、地域コミュニティの支援、日本での責任ある原材料調達などを通じて、持続可能な森林保全を目指して活動しています。また、環境教育プログラムの開発や環境に関するセミナーなどを通じた普及啓発活動も実施しています。

グローバルなネットワークを通じて、世界各国で森林保全活動を支援し、また、環境教育にも取り組んでいるWWFジャパン。世界で教育を通じ、地域社会、地球社会に貢献することを目指すKUMONグループとしても、この活動に共感することから、支援を続けています。

1 ) インドネシアにおける森林保全

日本が輸入しているコピー用紙の75%はインドネシア産です。しかし、インドネシアでは、大規模な森林伐採やプランテーションの拡大が行われており、かつて島全体を覆っていた熱帯雨林は過去30年間で半減してしまいました。

スマトラ島のテッソ・ニロ国立公園は、現在も不法に占拠され、大規模なアブラヤシ農園開発のための森林伐採が後を絶ちません。WWFでは2016年より不法占拠者のパトロールを続けてきましたが、これにより森林減少のスピードが約1,000ha/年遅くなったことが確認できました。

2017年には現地のハチミツ産業を支援するために、国立公園から約5キロ離れたグヌン・サヒラン村でミツバチが巣をつくる木の周囲5haにわたり森林回復を行いました。また、天然ゴムの持続可能な生産と利用を目指し、7村落25人の代表農家を対象に生産方法のトレーニングを行いました。

また、地域全体の環境保全意識を高めるため、WWFではこれまで3つの小学校でESD※(持続可能な開発のための教育)を支援してきました。2014年に地域の環境問題を学校の授業に取り入れることから始め、2016年には廃材で手芸品や再生紙を作ることや、生ゴミを利用した堆肥作りに挑戦しました。また、校内の菜園作りや校内緑化を進める活動も行いました。2017年には保護者や地域の人々が環境について学べるように、学校の図書室にESD資料センターを開設し、電子機器と本を寄贈しました。

※ESD: Education for Sustainable Developmentの略。環境、貧困、人権、平和、開発といった世界の様々な問題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そして持続可能な社会を創造していくことを目指す活動。

2 ) 極東ロシアにおける森林保全

極東ロシアの沿海地方は、北海道の倍近い面積を誇り、そのうちの7割以上を森林が占めています。しかし、違法伐採や森林火災などの人為的な原因によって、推定で4,810平方キロもの森がこれまでに失われ、動植物の種類が激減してしまうなど、森の多様性が大きく損なわれています。

WWFではこれまで、草食動物の餌である樹木の伐採を禁止したり、トラの生息域に占める保護区の面積を150万ヘクタール(岩手県と同面積)以上に拡大するなど、多くの保護活動を行ってきました。しかし依然としてシベリアトラやアムールヒョウは絶滅が危ぶまれる状態です。

2017年には警察官と地方政府の森林担当官を対象に、違法伐採対策の研修を行いました。年間伐採許可量や伐採地割り当ての規則について解説した後、森林資源の測定方法や伐採量の計測方法について林内で実習を行いました。また、衛星画像を用いた森林モニタリングを習得するための研修施設を、沿海地方農業アカデミー森林研究所内に整備しました。

また、近年野生のシベリアトラが食物を求め、人里や都市部にまで現れる事件が増加しています。2016年にも若いトラがウラジオストク市内に出現したため、捕獲し、リハビリテーションセンターに移送しました。このトラの健康状態は良好でしたが、自然の中で狩りを行う力が十分でなかったため、リハビリテーションセンターで狩りのトレーニングを受けることになりました。捕獲されてから半年以上が経過した2017年5月、ビキン国立公園で野生に復帰させました。

Present Treeを通して植林活動に参画

公文教育研究会は、紙使用量を減らすため、全国の指導者が報告書を教室システムで提出したり、教材や物品の請求をWeb請求にしています。これらを行うことにより、指導者にグリーンポイントが付与される仕組みをつくっています。グリーンポイントで貯めたポイントはNPO法人環境リレーションズ研究所が主催するPresent Treeの植林活動に寄付することができます。

2017年度は、宮城県大崎市の植林活動に寄付しました。植栽地は、山形と秋田の県境に最も近い鳴子温泉鬼首(おにこうべ)地区にあり、福島第一原発事故の影響で一時放牧牛の受け入れを休止していた地域です。牧草の需要が減り、採草が行われなくなった採草地跡の一角を自然の森に戻すため、広葉樹の苗木を植栽しました。

公文教育研究会は、全国16,200教室の指導者とともに、グリーンポイント活動で紙使用量の削減を進め、Present Treeを通して森林の保全活動に参画していきます。

各年度の外部パートナーとの環境保全

2017年度
開発途上国への貢献

バングラデシュのBRACスクール、SDGs達成への貢献

開発途上国への貢献

バングラデシュのBRACスクール、SDGs達成への貢献