外部パートナーとの環境保全

KUMON森の基金

KUMONグループは、これまでも様々な環境団体への寄付を行ってきましたが、2014年に「KUMON森の基金」を設立し、環境保全活動を行う団体に対する支援を継続的に実施できる制度を構築しました。

KUMONグループでは教材などで非常に多くの紙を使用しています。そのため、「紙資源をむだに使用しないこと」を環境に関する重要課題とし、これまで環境配慮紙の使用や古紙をリサイクルする活動を社員一丸となって行ってきました。

今後は、自らの環境負荷の削減に努めるとともに、「KUMON森の基金」によって森林保全を促進する活動を積極的に推進していきます。

森林は紙の原料になるだけでなく、森林によって多様な生物や大気、水、土壌などが有機的に結びついて循環しています。また、森林は適切に管理することにより再生可能な資源となります。森林を守ることは大気、水、土壌を浄化するとともに、生態系などの生物多様性の保全にもつながります。

KUMONグループは、外部パートナーとともに森林資源を守る活動を推進することで、地球環境の保全と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

WWFジャパンの森林保全活動への支援

KUMONグループは2014年「KUMON森の基金」によって、世界100カ国以上で活動する地球環境保全団体であるWWFネットワークの一員であるWWFジャパンを3年間継続して支援することとなりました。

WWFは1961年にスイスで設立されました。地球上の生物多様性を守ることと、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を減らすことを柱に活動しています。そのひとつが森林保全です。

WWFジャパンは、希少種の調査保全や植林による森林再生などの現地フィールドにおける直接的な活動に加え、地域コミュニティの支援、日本での責任ある原材料調達などを通じて、持続可能な森林保全を目指して活動しています。また、環境教育プログラムの開発や環境に関するセミナーなどを通じた普及啓発活動も実施しています。

「KUMON森の基金」は、森林保全活動の支援を目的に設立しています。

WWFジャパンはグローバルなネットワークを通じて、世界各国で森林保全活動を支援しており、また、環境教育にも取り組んでいます。世界で教育を通じ、地域社会、地球社会に貢献することを目指すKUMONとしても、この活動に共感することから、WWFジャパンを支援させていただくことにしました。

1 ) インドネシアにおける森林保全

私たちが輸入しているコピー用紙の75%はインドネシア産です。しかし、熱帯林に覆われた大小の島からなるインドネシアでは、大規模な森林伐採やプランテーションの拡大が行われており、森林が急激に減少するとともに多種多様な動植物が絶滅の危機に瀕しています。

WWFは、スマトラ島中部のテッソ・ニロをはじめとするインドネシアの各地で、荒れた森林の再生や継続的な手入れを実施するとともに、責任ある木材調達の推進を行っています。

また、違法伐採の監視や代替産業の育成支援など、地域開発の活動支援も行っています。

*写真はスマトラ島で、製紙原料用の植林地として利用するために自然の森を大規模に伐採した跡地(上)と伐採後につくられる植林地(下)。この地域で生産される紙製品は日本を含め世界中に輸出される。

2 ) 極東ロシアにおける森林保全

日本海を隔てて北海道と隣り合う極東ロシアから、日本は木材を大量に輸入しています。保護価値の高い森林においても伐採が行われており、極東ロシアで伐採されるナラなどの広葉樹では、違法に伐採されたものが政府許容量の2倍以上も含まれていると言われています。

WWFは、違法伐採や密輸の監視を行うとともに、環境に配慮した木材を利用するために、FSC認証を普及させるなどの対策を行っています。

また、絶滅の危機にあるアムールヒョウが生息している自然の森を森林火災から守るため、森林周辺の草地や疎林で防火帯を作り、維持しています。

適切な間伐を行うことで、多様な樹木や下草が育つ環境を作り出し、本来の多様性を持つ森の再生をはかっています。

子ども達の学習に欠かせない紙、この紙の原料である森林を守るため、私たちKUMONグループは、持続可能な森林保全活動を支援していきます。

各年度の外部パートナーとの環境保全

KUMONグループの環境経営

環境理念・環境方針・環境推進体制

KUMONグループの環境経営

環境理念・環境方針・環境推進体制