Baby Kumonのヒミツ

うたぶっく&CDのヒミツ

「うたいかけ」で、パパも赤ちゃんを笑顔にできる

「息子をお風呂に入れる」。息子が生まれて以来、我が家の私(父親)の役割です。
ところが、1歳になった頃から人見知りが始まり、私と二人きりになると、大泣きするように・・・。おもちゃを使ってあやしたり、「いないいないばあ」「たかいたかい」してみたりなどチャレンジするものの、まったく効果がなく、どうしたものかと悩んでいました。
そんな時、妻から「息子は『おかあさん』っという歌が好きだよ」とアドバイスをもらいました。早速歌ってみると、泣きじゃくっていた息子がすっかり穏やかな表情になり、心地よさそうに湯船につかるように!「歌ってすごいな」と感じた一幕でした。

なぜ息子は『おかあさん』の歌が好きなのか。妻に聞いてみると、「寝かしつけの時にいろいろな歌を試したけれど、『おかあさん』の歌に一番反応があり、今では寝かしつけの時はもちろん、洗濯や、晩御飯の支度など、ちょっと目を離さなければならない時に、不安にならないように何度も歌っている」とのことでした。最近では『おかあさん』を歌い始めると、続きのフレーズを息子が歌ってくれるようになりました。
この『おかあさん』は、Baby Kumon4号の【うたぶっく&CD】に入っている曲で、歌に合わせて抱きしめるなど、親子でスキンシップを取ってほしいという願いをこめて収録した歌です。息子とのやりとりを通じて、歌は誰とでも楽しめるコミュニケーションツールであることを学びました。
6か月からBaby Kumonを始めて半年が過ぎましたが、歌を通して、言葉が自然と身についていくことを学び、これからも時間の許す限り「うたいかけ」を頑張ってみようと思います。

みなさんもぜひお子さんのお気に入りの歌を見つけて、お母さんの声、そしてお父さんの声で歌ってあげてください。


ぺーじとっぷ