Baby Kumonのヒミツ

やりとりレシピベーシックブックのヒミツ

「ほめる」の原点は、お母さんの「ニッコリ」を伝えること

Baby Kumonでおすすめしている子育ての5つのポイント(左の図参照)から、今回は「ほめる」をピックアップ!

「ほめる」と言っても、お子さんのどんなことをどうほめればいいのかと戸惑われるお母さんは多いのではないでしょうか。『やりとりレシピ4号』の「お母さんのニッコリを言葉にして伝えよう」のページでは、「ほめる」の原点は「できたね!」「よかったね!」と、お子さんのいいところを認め、がんばりを応援してあげることと記述されています。お母さんの「ニッコリ」な気持ちをお母さん自身の言葉でお子さんに伝えてみてください。お子さんは、お母さんの愛情を感じ、信頼感を深め、「自分は大丈夫」という自己肯定感や「自信」を育む大切な土台を築いていきます。

それでは、お子さんにその「ニッコリ」がより伝わるようにするのはどうすればいいでしょうか?

『やりとりレシピ4号』では、そんな「ニッコリ」な気持ちお子さんに伝えるポイントとして、「目を見て、顔や声でニッコリをあらわそう」や「抱っこしたり、頭をなでたり、体じゅうで気持ちを表現」など5つのポイントを紹介しています。また、具体的なやりとりとして、バイバイができたことに対して、「わー!手を振れるようになったのね。ママ、うれしい!」とお母さんの喜びを伝えたりだとか、「すごい!バイバイできるのね!」とあいさつできることを認めたり、表現は様々ですが、その時のお母さんの気持ちを素直に出すことが紹介されています。お母さんの素敵な「ほめる」の気持ちをお子さんにいっぱい伝えてあげてくださいね。(Baby Kumonフラワーについて、詳しくはこちら


ぺーじとっぷ