Baby Kumonのヒミツ

えほんのヒミツ

「お手伝い」だって「楽しいこと」のひとつ

『いらっしゃいませ』

Baby KumonセットAdvanced8号に入っている絵本『いらっしゃいませ』の作者は、直木賞作家のねじめ正一さんです。この絵本のテーマはお手伝い。「ねじめ民芸店」を営む作者が、お孫さんが2歳のころの思い出をもとに書かれました。

主人公のこうくんのお家はパン屋さん。店先で「いらっしゃいませ~」とお手伝いをしていると、ケーキ屋さんや八百屋さんなどから次々と「うちでもやって」とお願いされて、お手伝いをしていきます。

自分でできることが増えてくる2歳台は、自分でやりたい気持ちがふくらみ、お手伝いに興味をもち始めるお子さんもいらっしゃいます。きっとお子さんは、お料理でも洗濯物たたみでも、お母さんとお話ししながら何かをする時間を楽しんでいるのではないでしょうか。お手伝いも子どもにとっては楽しいことのひとつ。お母さんもいっしょに楽しんでくださいね。


ぺーじとっぷ