Baby Kumonのヒミツ

えほんのヒミツ

親子で広げよう!お友だちの輪♪

なかよし はい たっち

Baby KumonセットAdvanced3号の絵本『なかよし はい たっち』は、お散歩に出かけたあいちゃんが途中で出会ういろいろな動物たちと、おててやほっぺを“はい たっち”しながらお友だちになっていくお話です。ところが、らいおんさんと出会った時にあいちゃんは「こわーい」と“はい たっち”を拒んでしまいます・・・。

2歳台は自己主張が強くなる時期であり、お友だちとのトラブルも増えがちです。しかし、それも成長の一環。そんな経験を通して、子どもたちは自分以外の人の気持ちを受け入れ、歩み寄りながら遊ぶことを覚えていきます。お子さまのこれからの人生の中で、きっと大切な経験となっていくことと思います。

絵本の中では、あいちゃんとらいおんさんの間にねずみくんが入り、3人で“はい たっち”ができました。最後のページでは絵本に出てくるみんなが“はい たっち”でつながって、みんなお友だちに。実生活でもお母さんが周りとの架け橋になることで、お子さんのお友だちの輪が広がっていけば、素敵ですね!


ぺーじとっぷ