Baby Kumonのヒミツ

やりとりぶっくやりとりカード やりとりノートのヒミツ

Baby Kumon流「シール遊び」って?

Baby Kumonの【やりとりノート】には、毎号「シール遊び」のコーナーがあります。
Baby Kumonの「シール遊び」にルールはありません。「このシールはどこに貼ろうか?」と親子でお話ししながら自由な発想で楽しんでください。

ところで「シール遊び」には、手や指の力を育てられるというメリットがあります。
【やりとりノート】では、より楽しく手や指の力をはぐくむために、ちょっとした工夫をしています♪

(1)シールのサイズにヒミツあり!
まずは約4センチ四方の大きなシールからスタートして、号が進むごとに少しずつシールは小さくなります。付属のシールの数も増え、自然と手や指を細かく動かす経験がたっぷりできますよ。

(2)「貼る」だけでは終わらない!
シール遊びは「貼る」のはもちろん、「剥がす」作業を通して、より手や指の力が高まります。だからBaby Kumonでは、貼って剥がしてくり返し遊ぶことを前提にしたシール遊びを提案しています。
例えば『やりとりノート5』の「げんきにおはよう」は、寝ている子どもに「かぜをひくよ~」と布団のシールを貼ってあげる遊びですが、「朝だよ~」とシールを剥がしながら起こしてあげることも楽しめます。

これがBaby Kumon流「シール遊び」です☆


ぺーじとっぷ