Baby Kumonのヒミツ

やりとりぶっくやりとりカード やりとりノートのヒミツ

【やりとりぶっく】みんなどうしてる?ママの声をご紹介☆

ご家庭で手軽に「ことば」のやりとりを楽しめる【やりとりぶっく】。これって、どんなふうに使うともっと楽しく使えるのかな?そこで、【やりとりぶっく】をより楽しめる、全国のママの工夫をご紹介します。

◆【やりとりぶっく】を絵本のように読んでみたり、【やりとりぶっく】に出てきたものを日々の生活の中で見つけて、「くるまだね!ブーブー!」と音をつけて話したりしています。

お子さんが「ブーブー!」とマネしてくれそうで、普段のやりとりがもっと楽しくなりますね。【やりとりぶっく】の中には、いろんな「ことば」が出てきますが、「ことば」を覚えさせるのではなく、「ことば」で遊んでほしいという想いで制作しています。お子さんとやりとりする中で、「かず」や「ひらがな」にも自然と興味を持つようになりますよ。

◆最初に【やりとりぶっく】をいろいろめくってみて、子どもが好きなページからやりとりしています。

【やりとりぶっく】を1ページ目からではなく、お子さんの興味に合わせて、好きなページ、お気に入りのページでやりとりを楽しんでいるそうです。今月の【やりとりぶっく】にお子さんが興味を示さない時は、以前にもらった【やりとりぶっく】で遊んでみると、新しい楽しみ方が見つかるかもしれません♪今は興味を示さなくても、時間をおいてやりとりしてみたら、お気に入りになることもありますよ。

そのときどきのお子さんの気持ちや興味にあわせて、やりとりを楽しんでみてくださいね。


ぺーじとっぷ