「歌・ことばの働きかけ」の効果

脳科学の研究結果

脳科学の研究結果

赤ちゃんは言葉の意味を理解しているわけではないのに、歌いかけ・読み聞かせによって、笑ったり、悲しんだりします。これは、感情をつかさどる大脳辺縁系、つまり「心の脳」に働きかけて育てているのです。

また「心の脳」は、怖い経験は避け、楽しい経験はもっとやりたいというように、行動の抑制(しつけ)や動機づけ(やる気)にも強く関係しています。つまり、「心の脳」は心の動きだけでなく、生きるための行動を決める大きな役割を果たしているのです。 脳は使わなければ発達しません。あかちゃんのときから、歌いかけ・読み聞かせなどの良い刺激で、「心の脳」を育てましょう。

続きを読む
泰羅雅登 先生

泰羅雅登 先生

東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科教授

発達心理学の研究結果

発達心理学の研究結果

0~2歳の段階からお母さんと「やりとり」をすることで、多くの人とコミュニケーションする力が高まり、それが将来の「自分で考える力」に直結することが発達心理学からも明らかになっています。

子どもは本来、「自ら学び・考える力」を持っています。この「自ら学び・考える力」の発揮には、お母さんとのあたたかな「ことばのやりとり」がとても大きな役割を果たします。大切な0~2歳の時期に、親子で楽しく「やりとり」をしながら、お子さんが積極的に学んだり、考えたりする体験を最適にサポートするBaby Kumon をおすすめします。

続きを読む
田島 信元 先生

田島 信元 先生

白百合女子大学 人間総合学部教授
生涯発達研究教育センター所長
日本子育て学会常任理事

1,000万人以上の子どもを指導してきた KUMONの確信

これまでの指導経験から、KUMONも0~2歳での「ことばの働きかけ・やりとり」が「自ら学び、考える力」の土台を育むことを確信しています。

くもんがBaby Kumonを
始めた理由

くもんがBaby Kumonを始めた理由

くもんが生まれて半世紀
くもんはたくさんの親子から多くのことを学んできました。

公文式学習で伸びていく生徒は、高い読書能力があり、乳幼児期から積極的な「ことばの働きかけ」を受け、豊かな「ことば」に囲まれた環境で過ごしていることがわかりました。

くもんがBaby Kumonを始めた理由

くもんでは、歌・読み聞かせの大切さを地域に伝える活動を続けるなか、 多くの親子に出会い、「ことばで育む親子のきずなづくり」の重要性を確認し、Baby Kumonのサービスをスタートさせる運びとなりました。

Baby Kumonの
その他の効果

親子のきずなが育まれます

親子のきずなが育まれます

お母さんが子どもの目を見つめながら歌ってあげたり、心のこもったあたたかいことばで語りかけたりすることは、子どもの気持ちを安心させ、愛されているという充実感を与えます。

お母さんへの信頼感が育つから、子どもはお母さんの顔を見てことばを一生懸命聞こうとするのです。

こうして、育まれるのが親子のきずなです。

コミュニケーション力が高まる

コミュニケーション力が高まる

童謡はやさしいメロディーやテンポのよいリズムがあるので、歌詞を覚えやすく、子どもはたくさん歌ってもらっているうちに、知らず知らずのうちに歌えるようになっていき、ことばの数が増えていきます。

ことばが豊かになると、自分でものごとを考える力が育ち、自分で気持ちを落ち着けることができるようにもなります。

そして何より、人とのコミュニケーションが豊かになっていきます。

本好きな子どもに!

本好きな子どもに!

子どもにとって絵本を読んでもらうひとときは、大好きなお母さんなどの身近な人のぬくもりを感じることができる安らぎの時間です。

その安心感や心地よさの中で、絵本の楽しさ、おもしろさを味わえるので、子どもは本がどんどん好きになっていきます。

ただいま、無料お試しキャンペーン
受付中!

近くの教室を
のぞいてみよう!

近くの教室を探す

本好きな子どもに育ってほしい マタニティから乳幼児向けの うた・絵本情報満載のウェブサイト 気軽にやってミーテ! 無料 mite ミーテ

くろくまくん情報満載!くろくまくんの部屋

うちの子がまるでCMに出ているみたい!Baby Kumon WEBムービー プレゼントキャンペーン