トップ > KUMON now! > トピックス > 第5回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/10/03更新

Vol.229 第5回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー  

次世代型英語教育へのチャレンジ
身につけるべき真の英語力とは?

TOEFL iBT®の若年層向けテストであるTOEFL Junior®、TOEFL Primary®を日本で普及しているグローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T)は、英語の教員や塾講師など教育関係者向けにセミナーを開催しました。テーマは「次世代型英語教育へのチャレンジ」。今回は、敬愛大学国際学部国際学科の向後秀明教授にお話いただいた、英語教育改革の内容にスポットをあててレポートします。

「4技能」の日本の現状と今後の目標

2020年度から実施されていく次期学習指導要領。小・中学校では2018年度から先行実施が可能となっています。セミナーで向後秀明教授は、前職(文部科学省初等中等教育局教育課程課・国際教育課教科調査官)で学習指導要領の改訂に深く携わられたご経験をふまえ、「日本の英語教育改革への期待と指導者に求められること」についてお話くださいました。

文部科学省では「英語教育の在り方に関する有識者会議」での提言を受け、日本人の英語力について「今後10年間で世界標準、さらに、アジアのトップクラスを目指す」ことを目標に掲げています。英語力を測る際に指標となるのは、CEFR(※)という世界で導入されている言語能力の指標。文部科学省は、生徒が目指す英語力の具体的なゴールとして「高校の必履修科目(多くの高校生は1年次に履修)終了時点でCEFRのA2レベル、卒業段階でB1レベル」と示しています。

向後教授はまず、文部科学省が実施した平成27年度の高校3年生の「英語力調査(4技能テスト)」の結果を共有。「読む」、「聞く」はCEFRのA1(初級レベル)の上位にボリュームゾーンがあり、「書く」は8割強がA1、「話す」は約9割がA1という状況でした。また平成28年度の中学3年生の結果については、「書く」がA1上位に50%以上の生徒が入っているものの15%にあたる約15万人が0点、「話す」は約7割の生徒がA1下位です。総括すると、「国が中3の目標として設定したレベルに3年遅れで高校3年生がようやく到達しつつある」というのが日本の生徒の現状だということです。

文部科学省HPより

こういった状況を踏まえながらも、向後教授からは「今後、中学生に対する全国学力・学習状況調査や高校生に対する大学入試の英語では、4技能テストが導入されます。学校で4技能がバランス良く総合的に指導され、評価も4技能評価になれば、日本の生徒の英語力は必ず上がっていきます。他の国にできて日本にだけできないということはありません」といった力強いお言葉がありました。

※CEFR
 CEFR(「ヨーロッパ言語共通参照枠」)は、欧州評議会(Council of Europe)によって2001年に「ヨーロッパの言語教育の向上のために基盤を作ること」を目標に正式に公開された言語レベルの枠組みです。あらゆる言語を6つの段階(A1・A2・B1・B2・C1・C2)に分け、それぞれのレベルに言語機能に基づいた『Can Do Statements』によって、その言語を用いて「具体的に何ができるか」を示しています。CEFRは語学シラバスやカリキュラムの手引きの作成、学習指導教材の編集、外国語運用能力の評価のために、透明性が高く分かりやすい包括的な基盤を提供しています。

「5領域」の英語力を育成する「技能統合型タスク」とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2016/08/25更新

Vol.170 第4回グローバル・コミュニケーション
&テスティング主催セミナー

「英語教育改革を考える」 ~その受験勉強は  世界につながりますか?~

KUMONグループの活動  2013/10/08更新

Vol.006 TOEFL Junior®

地方自治体主催の事業における TOEFL Junior®の活用が 広がっています 難易度の高いTOEFL®へつながる、中高生に適したテストとして

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/12/18更新

Vol.287 Baby Kumonが目指すもの

親子にちょうどよい 豊かな子育てを目指して

KUMONグループの活動  2018/12/14更新

Vol.286 試行錯誤をくり返しながらパズルで楽しく遊ぶ

楽しく論理的思考力を養える 『ロジカルルートパズル』

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

KUMONグループの活動  2018/12/03更新

Vol.284 ポーランド共和国に公文式教室開設

ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~

KUMONグループの活動  2018/11/27更新

Vol.283 学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま

「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.059 後編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.059 前編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。