スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/09/30更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生  後編

五感を使った体験で
学びは「グングン」強化できる
オノマトペで人生豊かになる

藤野 良孝 (ふじの よしたか)
東京都生まれ。博士(学術)。文部科学省所管独立行政法人メディア教育開発センター研究開発部助教、早稲田大学国際情報通信研究センター招聘研究員、スポーツ言語学会理事などを経て、現在は朝日大学経営学部ビジネス企画学科准教授。専門は、オノマトペ、音声言語学、コーチング学、スポーツ心理学。『運動能力がアップする「声の魔法」1~3巻』(くもん出版)、『子どもがグングン伸びる魔法の言葉』(祥伝社)など著書多数。調査・実験で発見したオノマトペの効果を、テレビ・ラジオ・新聞などのメディアで積極的に解説。

オノマトペ研究家、コメンテーター、会話評論家、そして大学教員として活躍されている藤野良孝さん。日本語では「擬声語」と言われる「オノマトペ」を使って、毎日をワクワク楽しくするという研究を続けています。藤野さんによると、オノマトペはスポーツをはじめ、勉強、子育て、人間関係などにも効く「魔法のことば」。そのため黒い帽子に黒い服という魔法使いスタイルで、メディアを通じてオノマトペの効果を積極的に発信されています。その「魔法」とはどんなものなのかうかがいました。

日常生活に役立つ魔法のことば

オノマトペはドイツ語では、「音の絵」と言われるように、絵のようにリアルにイメージが浮かび上がる特性を活かして、さまざまなシーンで活用できます。スポーツでは「グッ」と発した時に力が入るけれど、「ニャー」では力が入らない。イメージに合わない音だと効果が見込めないことが実験でわかっています。

実験とはたとえばオノマトペを発声して、動きの速度や筋電の量など行動を測定し、この音韻はこの動きに効く、声の高さはこの時に一番力が出る、ということを量的な見地から解析するんです。

子育てにおける効果もたくさんあります。車は「ブーブー」、馬は「パカパカ」というように、オノマトペはリズムがあって楽しくて、子どもは発したがります。自主的に発声すると、言葉をたくさん覚えるだけでなく、横隔膜や声帯が鍛えられます。

また「モグモグ」と言いながら食べるとよく噛む習慣がついたり、玄関の鍵をしめるとき「カチャ」と声と動きを連動させると、戸締まりしたことを忘れないようにしたりもできます。日本語はあまり抑揚がないのですが、オノマトペにはあるので、声の抑揚から相手の気持ちを察知する力や、会話力、プレゼン力もつきます。

とくにぼくが学生に対して実践し、学習に効く魔法のことばをいくつかご紹介しましょう。まず、教室が騒がしい時は、口の前に人差し指をたて小さな声で「シーー」と言い、最後の「ン」で口を閉じます。「うるさい!」「静かに!」と違って、怒りがのらないので、学生も素直に静かになります。

次に緊張感のある「ピーン」。集中力がない子は姿勢が悪いことが多く、「ピーンとしよう」とか、授業中に寝ている子には「目をぱっちりしよう。ピーンだよ」と言います。

教育でぼくが大事だと思っているのは、相手が子どもであっても一人の人格者として認めること。上から目線でタテの関係で叱ってしまうと反発をうむんですね。行動にダイレクトに働きかけるオノマトペを使って、ぜひ水平目線で接してみてください。

「学び」をオノマトペで表現すると?

関連記事

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2014/04/18更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは 新しい世界が開けること 夢中になれると人は伸びる

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

バックナンバー

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.277
English Immersion Camp 2018
英語をツールに広がる世界 ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2018開催~
Vol.276
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生
社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業
Vol.275
ビーチテニス選手として活躍する公文式OB
ビーチテニスに生きている 公文式学習で身につけた力
Vol.274
公文書写―毛筆教材が新しくなりました!
はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.058 前編
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。