スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生  後編

違う意見に耳を傾け、
体験積み重ねることで
「学び」が獲得される

松本 茂 (まつもと しげる)
立教大学経営学部国際経営学科教授。マサチューセッツ大学ディベート・コーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年4月より現職。2014年4月からは立教大学グローバル教育センター長を兼務。学外では、日本ディベート協会(JDA)専務理事、全国高校英語ディベート連盟 (HEnDA)副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟(NADE)理事、文部科学省の各種委員会の委員などを務めている。専門はコミュニケーション 教育学。おもな著書は『大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法』、『英語ディベート 理論と実践』(ともに玉川大学出版部)、『速読速聴・英単語』シリーズ(Z会)など。

NHK Eテレの「おとなの基礎英語」をはじめ、テレビやラジオの英語番組でおなじみの松本茂先生。コミュニケーション教育の専門家として、日本語および英語でのディベート教育の普及活動に注力され、大学のゼミや授業はもちろん、中学・高校に赴いて、英語教育の改善や施策立案にも精力的に携わられています。英語教育の第一人者である松本先生ですが、高校時代まではじつは英語が苦手だったとか。英語を勉強するようになったきっかけやディベートの魅力などについてうかがいました。

意見を言いやすい「ディベート」という指導法

大学では経営学部に入ったのですが、とくに経営学を学びたかったわけではありません。「英語でディベートができる」ことだけを考えて、社会科学系の学部をいくつか受けた結果でした。入学式の翌日にはESSに入り、英語漬けの大学生活が始まりました。母は近所の方から「お宅のお風呂から英語が聞こえる」、「茂くんとすれ違ったら英語でブツブツつぶやいていた」などと言われたそうです。ただ、私は「英語が好き」なのではなく、「英語でディベートがしたい」ために英語を勉強していました。

入部したESSは部員250人の大所帯でしたが、その中でディベートをやろうという人はごく少数。社会人の先輩が来て講評してくれることはありましたが、基本的には上級生が下級生を教えるスタイル。私は仲間をつくって「日本一になるんだ!」と計画を立てて勉強し、実際に日本一になりました。それが私の唯一の成功体験です。

そもそもディベートとは、「1つの論題について、2チームの話し手が肯定する立場と否定する立場に分かれて、それぞれの議論の優位性を聞き手に理解してもらうことを意図した上で、証拠資料に基づいて議論を進めるコミュニケーション形態」です。中高生・大学生を対象とした大会では、審判による投票によって勝ち負けが判定されます。スポーツの試合に似ています。

ディベートの目的は「相手を言い負かすこと」と誤解されがちですが、じつはすぐれたコミュニケーション教育の手法だと言えると思います。ディベートでは、客観的な資料をもとに論理的に考え、冷静に自分の意見を述べることが必要とされるからです。ディベートを通じて、相手の立場に立って考えることができるようになったり、自分が当たり前だと思っていることに対して「そうじゃないかもしれない」と疑問をもつ習慣がついたりします。つまり、「みんなが言っているから正しいわけではない」ということを理解することができるのです。

教師はよく、中高生に「自分の意見を言いなさい」と言いますが、思春期の子どもたちは周囲の目が気になり、自分の意見を言いにくいものです。「あなたはどう思う?」と聞かれて、個人としての意見をまとめて発言するのは気が重いでしょうが、「イエス」か「ノー」かどちらかの立場が割り当てられて、あくまでもその立場から議論をすればよいとなれば、気持ち的に楽なはずです。

コミュニケーション教育に進むことになったきっかけとは?

関連記事

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2016/08/19更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生

いまのあたりまえが 未来のあたりまえとは限らない 「地球儀を眺める」ような視点をもとう

バックナンバー

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者
宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.253
高齢者も学べる公文書写-行政との連携編
高齢者が生き生きと楽しく 豊かな生活を送れる街に ~茅ケ崎市の公文書写教室の取り組み~
Vol.252
KUMONグローバルムービー
世界共通の想いとは? KUMONグローバルムービーが描くもの
Vol.251
療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み
障害のある子たちによりそい 一人ひとりが幸せになるサポートをしたい ~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~
Vol.250
くもんの先生の仕事とは?
子どもたちをもっと伸ばしたい! 原動力は子どもたちの 「できた!」の笑顔
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.053 後編
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.053 前編
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.052
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
Vol.051
ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん
自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。