スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/11/20更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生  前編

一人ひとり尊い命
異なる他者を思いやれる人こそ
真のグロ―バル人材

是永 駿 (これなが しゅん)
1943年福岡県生まれ。大阪外国語大学外国語学部中国語学科を卒業後、出版社勤務を経て大阪外国語大学大学院外国語学研究科中国語学専攻修士課程を修了。博士(言語文化学、大阪大学)。鹿児島経済大学、大分大学、大阪外国語大学などにおいて教授を務めた後、2003年には大阪外国語大学長に就任。2008年4月には立命館アジア太平洋大学に移り、2010年1月より同大学長に就任、現在に至る。

大分県の別府湾を一望できる山頂に位置する立命館アジア太平洋大学は、教員も学生も約半数が外国籍、講義は日本語と英語の二言語制です。そんなグローバルな大学で学長を務められている是永先生。中国現代文学の研究者としても実績を誇る先生は、「日本もアジアのひとつ」という思いのもと、世界でも有数の多様化が進む大学の運営に貢献されています。グローバル化が言われるなか、「真の国際人」となるには何が必要なのか、先生の生い立ちを振り返っていただきつつ、お話をうかがいました。

自分の中から湧き出るものがわかれば
その道を究めたくなる

 就職にあたっては新聞社を2社受けました。これはやはり父の影響かもしれません。2社とも筆記試験は通ったのですが、そのうち1社に面接で落ちたことで、もう1社も受ける気がしなくなってしまい、面接には行かず、結局東京の小さい出版社へ就職しました。本が好きだったからです。しかしここで、「自分は会社員には向いていない」と感じました。営業や交渉ごとはどうも苦手で……これもひとつの挫折ですね。

ちょうどその頃、母校の大阪外国語大学に大学院ができたので、そこに進んで研究を続けようと考えました。

面接時に教官からは、「卒業しても就職先はないよ」と言われたことを覚えています。でも結局は修士課程を終えた後、大学教員として大学に就職できたことはラッキーでした。

大阪外国語大学では、博士課程はその後20年くらい経ってからできたため、私はずっと博士号をもっておらず、ついこの前、2012年に大阪外国語大学が統合された大阪大学に論文を提出して取得しました。つまり、学長をやりながら博士号を取得したわけです。最終面接では、自分より若い教授がずらっと並んでいて、彼らからの質問に答えてちゃんと通りましたよ(笑)。

私が研究に進んだ背景には、出版社に就職してもその生活になじめなくて、「研究の道しかない」と思ったこともありますが、やはり、中国文学をやりたいという思いが強くあったからでしょう。何かに突き進むには、まずは自分がやりたい目標を定める必要があります。「これが自分のやりたいことだ」ということがわかれば、成し遂げようとする気持ちが湧いてくる。あとはそこに突き進めばいいのです。難しいのは目標を見つけることですね。

私の場合は、大学での指導教授との出会いが、中国現代文学を究めようとする気持ちを醸成してくれたと思います。教授から、「現代文学をやるなら、古典文学の主だった作品を読んでおきなさい」と勧められました。古典文学を読んで、そのコード(規範)が現代作家に古典から現代へどのように伝わっているか、どう彼らの知的発想につながっているのか、と複眼的な目で作品を見られるようになりました。そうした複眼的な視点で現代文学を究めたいという気持ちが湧いてきたのです。

 


 

 

後編のインタビューから

-大阪外国語大学学長を経て、「真の国際的人材の育成」が実践されているAPUへ
-「APUはマジックキャンパス」、この言葉の真意とは?
-「自分という存在はかけがえのない大切なもの」、親や教師は子どもたちにその認識を伝えてほしい

 

関連記事

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.274
公文書写―毛筆教材が新しくなりました!
はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に
Vol.273
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生
経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」
Vol.272
公文式の施設導入―
児童養護施設 大村報徳学園
信念を持った大人が集うことで 明日への活力が生まれ 子どもたちの未来が明るくなる
Vol.271
英語もKUMON―北浦三育中学校
「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.057 後編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.057 前編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。