スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/20更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生  前編

成長個性的多様
子どもたちが伸びていくためにこそ
「自ら学ぶ力」を育てる

沖田 行司 (おきた ゆくじ)
1948年京都府生まれ。同志社大学卒業後、高校教師として2年間勤務後、同大大学院文学研究科へ。その後、文学部助手、専任講師・助教授を経て文学部教授(文学博士)に。改組により2004年より社会学部教授。ハワイ大学・中国人民大学の客員教授も務める。

「教育は時代を映しだす鏡」。そう話す沖田先生は、教育文化史・思想史の研究者として、江戸時代の寺子屋や藩校をはじめ、明治以降の近代教育についても研究を続けています。ご自身を「自由奔放な青春時代」「真の学びに目覚めたのは大学院に入ってから」と笑いますが、その実体験からも「人の成長は個性的で多様」「教育も多様であるべき」と、現代の画一的な教育に疑問を投げかけます。沖田先生のこれまでの研究から見えてきたもの、これからの日本の教育に必要なものとは…、をうかがいました。

子どもの成長は個性的で多様、だから「落ちこぼれ」はいない

長年、学生たちと接していて、ここ数年、とくに強く感じることがあります。それは、大学入学と同時に燃え尽きた状態になって、学ぶ意欲が見られない学生が増えたことです。ほかの大学の先生と話すと、このことはうちの大学だけではなく、多くの大学に共通しているようです。大学生ですから、「学びたい」という気持ちがあるのが自然なのですが、そういう気持ちではない学生もいる。なぜか…。

大学も含めた、いまの学校教育のシステムに問題があるのではと思っています。端的に言えば、教育現場には「教える仕掛け」はたくさんあっても、学生や子どもたちの「もっと知りたい」「不思議だな?なぜ?」という、本来の学びにつながる気持ちを育てていないように思います。つまり、皆、先回りして教えてしまっているのです。その意味で、私は教育というのは、「待つ教育」(後述)であるべきだと考えています。

そもそも子どもの成長は個性的で、多様な発達を見せてくれます。しかし、明治以降の近代教育以降、一斉授業が行われるようになりました。一定の時間で一定の量を教えねばならないので、どうしてもついていけない子たちがでてきます。さらに、子どもを「一人ひとり」ではなく、「1年生」「2年生」という「群」としてとらえるので、ついていけない子を「2年生の修了レベルに達していない」と、「落ちこぼれ」という眼で見てしまう。

ですが、個性的で多様な子どもの成長からすれば、それがその子の発達レベルなのですから、「達していない」「おくれている」というのはありえません。私の研究領域である「江戸時代の教育」からすると、寺子屋は一斉授業ではなく、それぞれに合った内容を学んでいます。江戸時代の人たちは「子どもはそれぞれ異なる個性と能力をもっている」ということを知っていたのですね。

「この子は落ちこぼれ」という先入観で接すると、子どもはそれを肌で感じ、学ぶ意欲をなくしてしまいます。子どもが秘めた能力を発揮できるように、その子の個性を理解して接することが大事です。そのためには手間暇かけねばなりませんが、現代は、教育も経済法則と同じになってしまい、手間暇をかけず効率優先になってしまっているような気がします。

学校の成績が芳しくなかった息子さんに沖田先生がかけた言葉とは?

関連記事

2015/02/27更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

バックナンバー

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.254
「読み・書き・計算」トレーニングで
脳を活性化!
「川島隆太教授の 脳を鍛える大人のドリル」 発売15周年!
Vol.253
高齢者も学べる公文書写-行政との連携編
高齢者が生き生きと楽しく 豊かな生活を送れる街に ~茅ケ崎市の公文書写教室の取り組み~
Vol.252
KUMONグローバルムービー
世界共通の想いとは? KUMONグローバルムービーが描くもの
Vol.251
療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み
障害のある子たちによりそい 一人ひとりが幸せになるサポートをしたい ~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.053 後編
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.053 前編
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.052
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
Vol.051
ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん
自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。